精霊の守り人 第1話「女用心棒バルサ」 の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この記事は約4分で読めます。

感想/コメント

上橋菜穂子によるファンタジー小説のシリーズの映像化です。

NHKの「放送90年 大河ファンタジー」として2016年3月19日より3年にわたりドラマ化されます。

タイトルは「精霊の守り人」だが、「守り人シリーズ」全話をドラマ化します。

全22話からなる3部作で、予定は次の通りです。
シーズン1(全4話)を2016年3月19日(土)から毎週。
シーズン2(全9話)を2017年1月から放送。
シーズン3(全9話)を2018年1月から放送。

バルサが主人公の場合は「〜の守り人」。皇子チャグムが主人公の場合は「〜の旅人」。そして、物語は「天と地の守り人」へ向かっていきます。

主役のバルサを演じるのは、綾瀬はるかです。このドラマのアクションシーンは彼女がやっている部分が多いようで、青あざだらけになっているらしいです。

日本発のファンタジー映像化ですが、欧米のファンタジーの映像とだいぶ異なるのが興味深いです。

ファンタジーにはダークな要素があるため、欧米のファンタジー映像では夜のシーンが多く使われ、また、どことなく霞んだ雰囲気の映像になっています。また、古い時代を想起させるために、あえて埃っぽい感じの映像に加工しています。

それに比べると、ずいぶんクリアな映像となっています。価値観の違いが浮き彫りになっている映像です。

日本のファンタジー映像で、いい感じの映像に仕上がっていたのが「蟲師」でした。こんな感じの映像だったらもっと良かったように思います。

あらすじ/ストーリー

女用心棒のバルサが谷沿いの道を歩いていると、遠く橋を渡る一行の姿を目撃する。
すると、急に牛車が暴れ、中から位の高そうな少年が落ちるのを目撃した。

バルサはすぐに川に飛び込み、少年を助けた。
少年は新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムだった。
だが、助けたはずのバルサは、駆けつけた王宮の密偵・狩人たちによって捕えられてしまう。
バルサはそのまま王宮の地下牢につながれる。

チャグムの母・二ノ妃によって解放される。
チャグムを連れて王宮から逃げるよう頼まれる。

チャグムにはこの世(サグ)と重なって存在する異世界(ナユグ)の水の精霊ニュンガ・ロ・イム〈水の守り手〉の卵を宿していた。
それを嫌った帝から命を狙われていたのだ。
水妖に宿られたチャグムを、建国伝説を守るため帝が秘密裏に殺そうとしているのだ。

二ノ妃はバルサに「用心棒として雇いたい」と金を渡す。
バルサは、チャグムを連れて王宮を後にする。
バルサは二ノ妃に火をつけるように命じた。火事と見せかければ、逃げる時間を稼げる。
バルサもかつて幼い命を奪われかけ、父の親友で短槍の達人ジグロに助けられて故郷カンバルを離れていた。

バルサは逃げるにあたり、チャグムに覚悟させた。
あんたはもう王子じゃないんだ。
悔しいか?これからはもっとそういう思いをするだろうよ。
悔しかったら生きることだね。何をしたって生き抜いてみろ。

星読のシュガはチャグムに宿ったのが水の精霊ではないかと考えていた。
その考えは危険だった。というのは、新ヨゴの建国伝説では初代皇帝トルガルが水妖を退治したとされるからだ。
建国伝説へ疑問を呈することになる。ひいては帝の神性を疑うことになるからだ。

逃げるために頼まれ屋のトーヤ、サヤに物資の調達を依頼するバルサ。
その頃、王宮から追手が迫ってきていた。
バルサとチャグムの逃避行が始まった。

その頃、星読のシュガは独自に行動をしていた。その正体を探るうちに呪術師トロガイと接触できた。

森の中。
追手に追いつかれたバルサとチャグム。相手は4人。圧倒的に不利だ。
チャグムを逃がすも、傷つくバルサ。チャグムは逃げ切れるのか、そして、傷ついたバルサは…。

監督・俳優など

原作:上橋菜穂子『精霊の守り人』ほか「守り人」シリーズ全10巻「外伝」2巻
脚本:大森寿美男
音楽:佐藤直紀
演出:片岡敬司

バルサ / 綾瀬はるか
バルサ(少女期) / 清原果耶
バルサ(幼少期) / 横溝菜帆
チャグム / 小林颯
タンダ / 東出昌大
二ノ妃 / 木村文乃
シュガ / 林遣都
ジグロ / 吉川晃司
ガカイ / 吹越満
モン / 神尾佑
ジン / 松田悟志
トーヤ / 加藤清史郎
サヤ / 彩島りあな
一ノ妃 / 奥村佳恵
トロガイ / 高島礼子
聖導師 / 平幹二朗
帝 / 藤原竜也
ログサム / 中村獅童

タイトルとURLをコピーしました