Skid Row / Skid Row(1989年)の紹介と感想

この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています
スポンサーリンク

このアルバム

Skid Rowのデビューアルバムです。

同郷のジョン・ボン・ジョヴィに見出されたこともあり、日本ではBon Joviの弟分のような扱いでデビューしていた記憶があります。

ギタリストのデイヴ・セイボがジョン・ボン・ジョヴィの幼馴染だったことが大きかったようです。

弟分ということで、Bon Joviの二番煎じか、ライト版を想像していましたが、兄貴分よりもハードでしたので、意外に思った記憶があります。

とはいえ、ハードなナンバーよりもパワーバラードの方が良いです。

不思議なものですが、この時期のHR / HMバンドからは数多くの名パワーバラードが生まれました。

デビューアルバムとしては異例の500万枚以上のセールスを記録しました。

このアルバムからのシングルリリースは次の曲です。

  1. Youth Gone Wild
  2. 18 and Life
  3. I Remember You
Lounge Cafe
Lounge Cafe

このアルバムからの個人的選曲は次の曲です。

  1. Sweet Little Sister
  2. 18 and Life
  3. Youth Gone Wild
  4. I Remember You

2曲目のSweet Little Sisterは疾走スピードのある曲ですが、聞きやすい曲です。

このアルバムに収録されている2曲のパワーバラードのうち、5曲目の18 and Lifeは曲調が重いです。

7曲目のYouth Gone Wild。

10曲目のパワーバラードのI Remember Youはメロディラインが綺麗です。

※曲のリストをうまくご活用ください。きっとお目当ての曲が見つかると思います。良い音楽との出会いを楽しんでください。
スポンサーリンク

Skid Row / Skid Rowの曲目

Skid Row
Skid Row
(1989)

  1. Big Guns
  2. Sweet Little Sister
  3. Can’t Stand the Heartache
  4. Piece of Me
  5. 18 and Life
  6. Rattlesnake Shake
  7. Youth Gone Wild
  8. Here I Am
  9. Makin’ a Mess
  10. I Remember You
  11. Midnight / Tornado
タイトルとURLをコピーしました