Lloyd Cole / Don’t Get Weird on Me Babe(1991年)の紹介と感想

この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています

アルバムのリリース直後にCDを買ったのですが、その時は頻繁に聞くことはありませんでした。

ですが、数年後に聞き込む期間がありました。

最初に聞いた時は、地味なアルバムで、面白みが無いと思ったのですが、いろんなジャンルを掻い摘む中で聴き方が変わったのだと思います。

全体のバランスが良く、聞けば聞くほど味わい深いアルバムだったからです。

スポンサーリンク

このアルバム

アルバムのA面とB面とでカラーが違います。

A面はオーケストラを使っていますが、B面はバンド主体です。

その時の気分でA面だけ聞く、B面だけ聞く、という聞き方をしていました。

それぞれにいい曲が揃っていて、出来がいいアルバムですが、セールスには結び着きませんでした。

Lounge Cafe
Lounge Cafe

このアルバムからの個人的選曲は次の曲です。

  • Man Enough
  • Pay for It

5曲目:Man Enough

アコーディオンとパーカッションの音が哀愁漂わせます。

10曲目:Pay for It

※曲のリストをうまくご活用ください。きっとお目当ての曲が見つかると思います。良い音楽との出会いを楽しんでください。
スポンサーリンク

Lloyd Cole / Don’t Get Weird on Me Babeの曲目

Lloyd Cole
Don’t Get Weird on Me Babe
(1991)

  1. Butterfly
  2. There for Her
  3. Margo’s Waltz
  4. Half of Everything
  5. Man Enough
  6. What He Doesn’t Know
  7. Tell Your Sister
  8. Weeping Wine
  9. To the Lions
  10. Pay for It
  11. The One You Never Had
  12. She’s a Girl and I’m a Man

1991年の他のアルバム

Massive Attack / Blue Line(1991年)の紹介と感想
このアルバム 基本的に3人組のMassive Attackですが、制作は実質的に3D-Del Najaが1人で行っています。 残りの二人はラッパーとしての参加に近いです。 Massive Attackは1作ごとに音が変化します。 ある意味こ...
R.E.M. / OUT OF TIME(1991年)の紹介と感想
御茶ノ水のS予備校3号館に通っていた浪人時代、このアルバムをひたすら聞いていました。ほぼ1年間、このアルバムだけを聞いていたように思います。 歌詞が突き刺さったわけではなく、ただアルバムの雰囲気が、当時の自分にマッチしていたからです。 そし...
Enya / Shepherd Moons(1991年)の紹介と感想
このアルバム エンヤの2ndアルバム(通算3枚目)です。 アメリカでビルボード・アルバム・チャートに計199週(約4年)チャート・インという超ロング・ランを記録した作品。 グラミー賞も受賞しました。 超ベストセラーを記録している大ヒット・ア...
Duran Duran / Liberty(1991年)の紹介と感想
このアルバム ロック系のバンドとしてはDuran Duranは珍しくキーボードをきちんと使います。そのため、バックに流れるキーボードのメロディラインが綺麗だったりします。6曲目がまさにそう。 涼やかで、神秘的なシンセの音色はチル。ドラムスと...
Simply Red / Stars(1991年)の紹介と感想
このアルバム ブラック・ミュージックのカヴァーが得意なグループとしてのイメージがあったSimply Redですが、このアルバムは全てがMick Hucknall(ミック・ハックネル)によるオリジナル曲です。 このアルバムからメンバーが代わっ...
タイトルとURLをコピーしました