Gipsy Kings / Gipsy Kings(1987年)の紹介と感想

この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています
スポンサーリンク

このアルバム

いわゆるワールドミュージックというのも、ひろくチルアウトには取り入れられています。

また、Buddha Barのようにラウンジとチルアウトの間を行くようなアルバムでも広く使われています。もともと相性がいいのです。

とはいっても、Gipsy Kingsの場合、ボーカルものだとちょいと的が外れるので、ここでは6曲目をピックアップしてみます。

ギターの叙情感溢れる音色が印象深い曲だが、飛び出したところがなく、ラウンジにもチルアウトにも使えそうな感じがあります。

ご存じの方もいるでしょうが、日本では「鬼平犯科帳」のエンディングテーマとして使われていた曲です。

多少は知られた曲ですが、こうした曲もチルアウトやラウンジにも向いています。

※曲のリストをうまくご活用ください。きっとお目当ての曲が見つかると思います。良い音楽との出会いを楽しんでください。
スポンサーリンク

曲目

Gipsy Kings
Gipsy Kings
1987年
Sony

1 Bamboleo
2 Tu Quieres Volver
3 Moorea
4 Bem, Bem, Maria
5 Amor
6 Inspiration
7 Mi Manera [My Way]
8 Djobi Djoba
9 Faena
10 Quiero Saber
11 Amor, Amor
12 Duende

ジプシー・キングス(The Gipsy Kings)プロフィール:

フランスの音楽バンド。ワールドミュージックという音楽ジャンルを確立したグループのひとつとされる。
メンバーは下記のとおり。
ニコラ・レイエス (Nicolas Reyes):リードボーカル、ギター
トニーノ・バリアルド (Tonino Baliardo):リードギター
カヌート・レイエス (Canut Reyes):ギター、ボーカル
ポール・レイエス (Paul Reyes):ギター、ボーカル
パチャイ・レイエス (Patchai Reyes):ギター、ボーカル
アンドレ・レイエス (Andre Reyes):ギター、ボーカル
ディエゴ・バリアルド (Diego Baliardo):ギター
パコ・バリアルド (Paco Baliardo):ギター
チコ・ブーチキー (Chico Bouchikhi):ギター、ボーカル。アルバム「Este Mundo」発売前に脱退

1987年の他のアルバム

Aztec Camera / Love(1987年)の紹介と感想
このアルバム このアルバムがリリースされた頃にはアズテック・カメラはロディ・フレイムによるソロプロジェクトになっていました。 日本では、アズテック・カメラがネオアコの重要なバンドのひとつとされるようです。 ネオアコが全然分からないので、そう...
Def Leppard / Hysteria(1987年)の紹介と感想
アルバム全体を通じて捨て曲がありません。 このアルバムがリリースされた年にGuns N' RosesのAppetite for Destructionがリリースされたので、自分の中では何となく影が薄い印象なのですが、世界で2500万枚以上売...
U2 / The Joshua Tree(1987年)の紹介と感想
U2最盛期のリアルタイム世代ですが、U2のアルバムでよく聞いたのはこのヨシュア・トゥリーだけです。 ほぼ同時期にGuns N' RosesのAppetite for Destructionがリリースされ、自分を含めた周囲が聴く音楽は、Har...
Guns N’ Roses / Appetite for Destruction(1987年)の紹介と感想
渋谷で友人と喫茶店で時間をつぶしている時、ラジオから流れてきたのが「Welcome to the Jungle」でした。 流れてきた瞬間に、何だこれスゲェ、と驚いたのを記憶しています。 当時の自分の周りにはハードロック、ヘビメタ好きが多かっ...
INXS / Kick(1987年)の紹介と感想
シンプルでカッコいいアルバムで、よく聞きました。 音が硬質なためか、年月を経ても古さをあまり感じません。 ファンク・ロックの名盤とされます。捨て曲がほとんどありません。 全米だけで600万枚、世界で2,000万枚売れたそうです。 さて、IN...
タイトルとURLをコピーしました