04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ジュラシック・パーク 1」(1993年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「ジュラシック・パーク」が映画化された年に琥珀の中のシロアリから古代DNAが抽出されたという論文が発表された。琥珀の中のシロアリは、約3000万年前のものだったそうだ。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ジュラシック・ワールド」(2015年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

時の移り変わりを感じた。こうしたシリーズもので、時が経て映像化されると、その映像技術の進化を感じざるを得ない。本作品は、いろんなところに第1弾「ジュラシック・パーク」へのオマージュがちりばめられている。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「GOEMON」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ゲームの信長の野望とロード・オブ・ザ・リングとスター・ウォーズを足して3で割ったような感じ。独特の映像は面白いが、CGなどはゲームの信長の野望を見ている感じだった。まぁ、そういう印象だった。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「GODZILLA ゴジラ」(2014年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

大惨事である。怪獣3体が街中で暴れるのだ。しかも大都市。高層ビル群が、崩れ落ちていく。これを大惨事と言わずに、なんと言うのだ。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「時をかける少女」(アニメ)(2006年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

1983年実写版の映画「時をかける少女」の20年後の世界が舞台となっているそうで、実写版の主人公「和子」が成長した姿でアニメ版に登場している。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「図書館戦争」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

映画に登場する「日野の悪夢」のシーンは、焚書坑儒という歴史的事件を想起させる。なにも焚書坑儒は紀元前の中国・秦王朝で行われた思想弾圧事件だけを指すわけではない。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「オブリビオン」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

Oblivionとは「忘却」を意味するが、忘れてしまっている状態と言い換えた方がよい。なぜOblivionなのかは、映画を見ればすぐにわかることであるが、

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「クラウド アトラス」(2012年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

六道の世界に生と死を何度も繰り返して、さまよい続けるのが、六道輪廻。最後はそこからの解脱。六つの世界つまりは、六道である地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上を生きること。この六道を転生しているのがトム・ハンクス演じる役たちではないだろうか。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「第9地区」(2009年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

新しい発想のSF映画であるが、いかんせん後味が良くない...。従来のSFで描かれる異星人は、侵略者であるか、平和の大使、といったお決まりのパターンでしかなかった。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「Vフォー・ヴェンデッタ」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「革命」を題材にした映画。過去にあった革命ではない。近未来を舞台にして、革命を起こすという映画である。舞台は近未来のイギリス。このイギリスで1605年11月5日に起きた事件「火薬陰謀事件」を常に引き合いに出して物語は進んでいく。

タイトルとURLをコピーしました