Mr. Mister / Welcome to the Real World(1985年)の紹介と感想

この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています

ザ・ベストテン(1978年〜1989年)の中継でKyrie(キリエ)を聞きました。

テレビで見た当時、Kyrieが全米1位になっていたかは覚えていないですが、多分1位だったので番組に出演していたのではないかと思います。

本格的に洋楽と出会う前に聞いた曲でした。

スポンサーリンク

このアルバム

1985年にリリースされたアルバムです。

このアルバムには2曲の全米1位が収録されています。

全米1位が1曲でもスゴイのですが、複数あるアルバムはそんなに多くはありません。

アルバムの収録順と順番が前後しますが、1位を獲得したのは次の順番です。

  1. Broken Wings
  2. Kyrie
Lounge Cafe
Lounge Cafe

このアルバムからの個人的選曲は次の曲です。

  • Kyrie


Broken Wingsは地味な曲ですので、全米1位を獲得したことに意外な感じがします。

後半の展開が良いのですが、前半は地味な印象です。

Kyrie(キリエ)はキリスト教の礼拝の祈りの一つです。歌詞ではKyrie Eleison(キリエ・エレイソン)ですが、同じです。

この2曲の他に Is It Love が全米トップテンに入っています。

このアルバムもビルボードで1位になりましたが、アルバムとして聞くというより、ピンポイントで全米1位になった2曲を聞くのがオススメです。

※曲のリストをうまくご活用ください。きっとお目当ての曲が見つかると思います。良い音楽との出会いを楽しんでください。
スポンサーリンク

Mr. Mister / Welcome to the Real Worldの曲目

Mr. Mister
Welcome to the Real World
(1985)

  1. Black/White
  2. Uniform of Youth
  3. Don’t Slow Down
  4. Run to Her
  5. Into My Own Hands
  6. Is It Love
  7. Kyrie
  8. Broken Wings
  9. Tangent Tears
  10. Welcome to the Real World
タイトルとURLをコピーしました