04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

ドラマ「マンダロリアン」 シーズン2(2020年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント スター・ウォーズらしく マンダロリアンのシーズン2です。 ザ・チャイルドを仲間のところに届けるのが使命になったディン・ジャリンは、情報を得るためにマンダロリアンを探します。 その中で出会うの...
04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

ドラマ「マンダロリアン」 シーズン1(2019年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント この「マンダロリアン」シリーズは”スター・ウォーズ”シリーズを深く愛しているスタッフによって制作されたことがよく分かる作品です。 ”スター・ウォーズ”シリーズと言えば「フォース」をつかう「ジェダイ」が主...
04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

ドラマ「オビ=ワン・ケノービ/スター・ウォーズドラマ」(2022年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント スター・ウォーズ3シスの復讐から10年後、スター・ウォーズ4新たなる希望の9年前の一瞬を舞台に、オビ=ワン・ケノービを主人公としたドラマです。全6話です。 タトゥイーンでオビ=ワン・ケノービはルーク・スカイウォ...
04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「12モンキーズ」(1996年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント 久しぶりに見ました。もともと後味の良い映画ではありませんが、2020年からのコロナ禍を経て、現在進行中の2022年に見ると、さらに気持ちがげんなりします。 映画では、1996年から1997年にかけ、全人類の99...
04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(2018年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント 「スター・ウォーズ」から独立した物語 「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若き日の物語。「スター・ウォーズ」と切り離してみれば、それなりに楽しめる映画です。 恐ろしいくらいに「スタ...
04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「スター・ウォーズ9 スカイウォーカーの夜明け」(2020年)

トリロジー×トリロジー(=3×3)の合計9作で成り立つスター・ウォーズ。最初のトリロジーはアナキン・スカイウォーカーが主人公。次のトリロジーはアナキンの子どもたち(ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナ)が主人公だった。今回は?

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「スター・ウォーズ8 最後のジェダイ」(2017年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

トリロジー×トリロジー(=3×3)の合計9作で成り立つスター・ウォーズ。最初のトリロジーはアナキン・スカイウォーカーが主人公。次のトリロジーはアナキンの子どもたち(ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナ)が主人公だった。今回は?

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「シン・ゴジラ」(2016年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

最初に出てきた怪獣が、何というか、オモチャ感が(特に目のあたり)酷くて、えぇ…!?となったが、きっとゴジラが登場して退治するのだろうと勝手に踏んでいた。まさか、進化、という発想になるとは思わなかった。だって、ビニール人形のような怪獣、しかもエラから体液を出して、息絶え絶えなのがゴジラに変身するなんて思わないじゃないか。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2016年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

スター・ウォーズのエピソード3「シスの復讐」とエピソード4「新たなる希望」の間に位置する。時間軸でいえばエピソード4の10分前になる。だから、「ローグ・ワン」とエピソード4「新たなる希望」のつながりはいい。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ゼロ・グラビティ」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

宇宙を舞台にした映画で、ここまで「無重力(zero gravity)」をリアルに表現できた映画はないのではないか。久しぶりの映像革命といっていい。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ワールド・ウォーZ」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

タイトルから、てっきり第○次世界大戦を想像してしまった。「Z」がアルファベットの最後であるから、最後の世界大戦を意味しているのだと思った。だが、違う・・・。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ジュラシック・パーク 3」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第1作の登場人物が再び登場。第2作ではイアン・マルコム博士が巻き込まれてしまうが、この第3作ではグラント博士が巻き込まれてしまう。第1作目に登場したエリー・サトラー博士も登場。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ジュラシック・パーク 2 ロスト・ワールド」(1997年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

前作で子供たちを助けるために怪我を負ったマルコム博士が主人公。前回の事件を世間に公表したが、インジェン社の策略によって、マルコム博士は世間からはペテン師扱いを受けていた。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「スター・ウォーズ7 フォースの覚醒」(2015年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

トリロジー×トリロジー(=3×3)の合計9作で成り立つスター・ウォーズ。最初のトリロジーはアナキン・スカイウォーカーが主人公。次のトリロジーはアナキンの子どもたち(ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナ)が主人公だった。今回は?

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ジュラシック・パーク 1」(1993年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「ジュラシック・パーク」が映画化された年に琥珀の中のシロアリから古代DNAが抽出されたという論文が発表された。琥珀の中のシロアリは、約3000万年前のものだったそうだ。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ジュラシック・ワールド」(2015年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

時の移り変わりを感じた。こうしたシリーズもので、時が経て映像化されると、その映像技術の進化を感じざるを得ない。本作品は、いろんなところに第1弾「ジュラシック・パーク」へのオマージュがちりばめられている。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「GOEMON」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ゲームの信長の野望とロード・オブ・ザ・リングとスター・ウォーズを足して3で割ったような感じ。独特の映像は面白いが、CGなどはゲームの信長の野望を見ている感じだった。まぁ、そういう印象だった。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「GODZILLA ゴジラ」(2014年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

大惨事である。怪獣3体が街中で暴れるのだ。しかも大都市。高層ビル群が、崩れ落ちていく。これを大惨事と言わずに、なんと言うのだ。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「時をかける少女」(アニメ)(2006年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

1983年実写版の映画「時をかける少女」の20年後の世界が舞台となっているそうで、実写版の主人公「和子」が成長した姿でアニメ版に登場している。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「図書館戦争」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

映画に登場する「日野の悪夢」のシーンは、焚書坑儒という歴史的事件を想起させる。なにも焚書坑儒は紀元前の中国・秦王朝で行われた思想弾圧事件だけを指すわけではない。

タイトルとURLをコピーしました