06. アドベンチャー

06. アドベンチャー

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(2018年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント ジュラシック・ワールドの第2作目 ジュラシック・パーク3部作に続くジュラシック・ワールドの第2作目。シリーズ通算5作目。 ジュラシック・パークでおなじみのマルコム博士が序盤と終盤に登場します。 これ...
02. ファンタジー

映画「ドクター・ドリトル」(2020年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント To the children , for the children , by the children イギリス出身の児童文学作家ヒュー・ロフティングによる「ドリトル先生」シリーズを原作とした冒険ファンタジー...
06. アドベンチャー

映画「ファインディング・ニモ」(2003年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

地球の裏側まで子供捜しに行っているかのような錯覚に陥るが、舞台はグレート・バリアリーフからシドニーの間。ようするにオーストラリアの東海岸で繰り広げられている話である。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ジュラシック・パーク 3」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

第1作の登場人物が再び登場。第2作ではイアン・マルコム博士が巻き込まれてしまうが、この第3作ではグラント博士が巻き込まれてしまう。第1作目に登場したエリー・サトラー博士も登場。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ジュラシック・パーク 2 ロスト・ワールド」(1997年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

前作で子供たちを助けるために怪我を負ったマルコム博士が主人公。前回の事件を世間に公表したが、インジェン社の策略によって、マルコム博士は世間からはペテン師扱いを受けていた。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ジュラシック・パーク 1」(1993年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「ジュラシック・パーク」が映画化された年に琥珀の中のシロアリから古代DNAが抽出されたという論文が発表された。琥珀の中のシロアリは、約3000万年前のものだったそうだ。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ジュラシック・ワールド」(2015年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

時の移り変わりを感じた。こうしたシリーズもので、時が経て映像化されると、その映像技術の進化を感じざるを得ない。本作品は、いろんなところに第1弾「ジュラシック・パーク」へのオマージュがちりばめられている。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「ルパン三世 カリオストロの城」(1979年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

公開は1979年12月15日なので、正確にはリアルタイムで見たわけではない。だいぶたってから見ているが、きっと今見ても新鮮に楽しく見られると確信できる。

02. ファンタジー

映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(2012年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

あなたは、どちらの話を信じる?前半は冒険譚。そして、最後の数十分ですべてがメタファーだったのかも?という疑念にとらわれ、走馬灯のように話のあらすじを思い出すことになる。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「タイタンの逆襲」(2012年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「タイタンの戦い」の続編。前作から10年後の世界を舞台に、再び神々の戦いに巻き込まれた勇者ペルセウスの活躍を描く。主演は前作同様にサム・ワーシントン。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(2011年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

最近では1993年に映画化されたものがヒットしているが、この作品は趣がだいぶ異なる。当時とはアクションがだいぶ変わっており、スピーディな展開の映画が求められているため、それに則したように設定が少々変えられている。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「タイタンの戦い」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

1981年のリメイク。ギリシャ神話をベースにした映画。ペルセウスは半神の英雄。ゼウスとダナエの子で、アンドロメダと結婚した。子供の一人ペルセウス(ペルセース)はペルシア王家の祖とされる。

06. アドベンチャー

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン4/生命の泉」(2011年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ふざけているのか本気なのかわからないキャラクターが最大の持ち味のジャック・スパロウだが、意外とまじめな感じだと、拍子抜けしてしまう。このシリーズのエンドロールは健在。

06. アドベンチャー

映画「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」(2011年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

このシリーズはヨーロッパでは有名だったが、アメリカでは知られていなかった。これを機に「タンタンの冒険旅行」シリーズのことを知ったスピルバーグは、いつか映画を撮りたいと考えるようになったそうだ。

02. ファンタジー

映画「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

舞台は神秘に満ちた古代ペルシャ。西欧から見ればオリエント(≒中東)は歴史的にも感覚的にももっとも身近な「異境」であろう。それは中国など東洋よりもよほど身近である。そこには一種の憧憬があるように思える。

06. アドベンチャー

映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

全くといっていいほど、ジェット・リーのアクションが見られない。わざわざジェット・リーを使う必要があったのか?と正直考え込んでしまった。

06. アドベンチャー

映画「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

タフな冒険家であるリック、優秀な女性考吉学者エヴリン、そそっかしい兄のジョナサンというおなじみのメンバーに、好奇心が強すぎて余計なことをしてしまう息子のアレックスが加わり再び冒険が始まる。

06. アドベンチャー

映画「ハムナプトラ1 失われた砂漠の都」(1999年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

古代秘宝を求めるアドベンチャー映画はこうした場所を舞台にすることが多く、よく分かっているがゆえに想像の翼がいかんなく発揮されるのだろう。イムホテップの魔法というのも単純だが迫力があってよかった。

05. アクション

映画「ドラゴン・キングダム」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

原題は「THE FORBIDDEN KINGDOM」。中国語題は「功夫之王』。ジャッキー・チェンとジェット・リーが初共演したアドベンチャー武侠カンフー映画。

06. アドベンチャー

映画「インディ・ジョーンズ4-クリスタル・スカルの王国」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」から19年後の1957年が舞台となっている。「レイダース-失われた聖櫃(アーク)」の最後のシーンを覚えているだろうか?聖櫃(アーク)がある巨大倉庫に運び込まれていくシーンだが、今回はその巨大倉庫から始まる。

タイトルとURLをコピーしました