Bjork / Homogenicの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています
スポンサーリンク

このアルバム

1曲目から、ある意味変態的な音であるが、この後に続く2曲目が素晴らしい。バラードのような感じであるが、そこはBjork、バックのリズムセクション等が複雑なリズムを刻んでいる。複雑なリズムの上に、ストリングスをのっけ、Bjorkが歌い上げている。

このアルバムでのBjorkは、悲しみや憂いを帯びた歌い方をしている。悲しみや憂いを帯びていると言っても、決してメランコリックな歌い上げ方ではないので、聞きやすくなっている。

このアルバムの方が、前2作よりできがよいと思う。Bjorkの歌い方を最大限引出せる曲が多いし、作り自体も凝っている。Bjorkを買うなら、このアルバムからがお薦め。

それにしても、ジャケットは、はっきりいって気持ち悪い…。このジャケットでなければもっと素晴らしいアルバムなのに…

※曲のリストをうまくご活用ください。きっとお目当ての曲が見つかると思います。良い音楽との出会いを楽しんでください。
スポンサーリンク

曲目

Bjork
1997
Homogenic
Label : One Little Indian Records

BjorkをAmazonで探す

1 Hunter
2 Joga
3 Unravel
4 Bachelorette
5 All Neon Like
6 5 Years
7 Immature
8 Alarm Call
9 Pluto
10 All Is Full Of Love

アルバムの評価

★★★★★★★★★☆
【評価の内訳】4.5
【構成・バランス】A=2
【飽きのこなさ】A=2
【曲の好み】Av.0.5
Aランク:-
Bランク:1曲目、2曲目、4曲目、8曲目、10曲目

アーティストの紹介

Bjork(ビョーク)プロフィール:
The Sugar Cubes(シュガーキューブス)(1992年解散)のボーカルを経てソロデビュー。
1993年アルバム「デビュー」でソロデビュー。ライヴではTalvin Singh(タルヴィン・シン)も含めたバックバンドでコンサート来日を果たす。「デビュー」は全世界で250万枚のセールスを記録した。 1995年セカンド・アルバム「ポスト」を発表。世界で300万枚のセールス。1997年サード・アルバム「ホモジェニック」を発表。2000年主演映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」が見事カンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最優秀作品賞)、最優秀女優賞を受賞。同年4thアルバム「ヴェスパタイン」を発表。

Bjorkの他のアルバム

1997年の他のアルバム

the Corrs / Talk On Corners(1997年)の紹介と感想
2作目にして、トラディショナルなテイストが薄れて、商業ベースの音へと移行して始めた。1作目のテイストをガラリと変えたのはいいが、変えすぎ。全くの別バンドかと思ったくらい。正直がっかりした覚えがある。
Ibizarre / The Ambient Collection Vol1(1997年)の紹介と感想
このアルバム 題名の通り、アンビエント色の強いシリーズで、合計5枚あります。 年1枚ペースでリリースされました。また、ジャケットが同じアーティストの作品によるもので、1作目は蜻蛉(?)でしょうか。 ハッキリとしたミックスではないですが、微妙...
Lighthouse Family / Postcards From Heaven(1997年)の紹介と感想
このアルバム 前作に続いて「オシャレ」なアルバムです。そして、前作を上回る出来の良さです。 前作同様、作り込みが丁寧で、時間をかけた作業を行ったのが分かるアルバムになっています。 1曲1曲のクオリティが高く、結果として全体のクオリティも非常...
Cafe del Mar 4 の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)
カフェ・デル・マー(Cafe del Mar)の第4弾。レーベル移籍第一弾。ジャケットは海の中の玉にCafe del Marの文字が浮かび上がっている写真。
Sting / Sting at the Movies(1997年)の紹介と感想
Sting / Fields of Gold: The Best of Sting 1984-1994に足りない曲があったのと、スティングの曲が結構映画に使われていることを知るのにもいいディスクとしてあげてみる。ラウンジ参考ディスク。
Swing Out Sister / Shapes And Patterns(1997年)の紹介と感想
このアルバム 内ジャケットは、遊園地。しかも相当古そうな(というよりはボロい)感じの遊園地です。それでもジャケットのセンスは素敵です。 3曲目の"We Could Make It Happen"は元気のない時ややる気のないときに聞くと、元気...
タイトルとURLをコピーしました