Chill Out と Lounge

Chill Out と Lounge

Cafe del Mar Dreams 5の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

Cafe del Mar Dreams シリーズの第5弾です。 コンパイラーはToni Simonen。 最後の14曲目はToni Simonenによるミックスです。 1曲目から13曲目までを、順番につなげていき...
1. 音楽

Chill Out 2018 下半期(プレイリスト公開)

2018年の下期(7月〜12月) 2018年の下期(7月〜12月)に出会ったチルアウト ※曲は必ずしも2018年のものとは限りません。あくまでも2018年下期に出会った曲達です。 リスト(アーティスト/曲名) Di...
1. 音楽

Chill Out 2018 上半期(プレイリスト公開)

2018年の上期(1月〜6月) 2018年の上期(1月〜6月)に出会ったチルアウト ※曲は必ずしも2018年のものとは限りません。あくまでも2018年上期に出会った曲達です。 リスト(アーティスト/曲名) Varg...
Chill Out と Lounge

Café del Mar Ibiza Classics 1の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

カフェ・デル・マーのIbiza Classicsシリーズ第1弾。10年以上前のものがほとんど入手できない状況になっているので、このコンセプトはいい。2005年前後の曲が多いが、2002年頃のものも収録されている。

Chill Out と Lounge

REAL IBIZA 9の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

REAL IBIZA(リアル・イビサ)の第9弾。復活してから第2弾。おススメのコンピレーション。収録されている曲の雰囲気といい、ジャケットの雰囲気といい、初期のREAL IBIZAそのままの雰囲気が保たれているのは驚異的だ。
Chill Out と Lounge

Café del Mar 20の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

最近、エレクトロ・ポップというか、ポップスよりの曲が収録されることがあり、全体のバランスが崩れてしまうような印象がある。コンパイラーのToni Simonenの好みなのだろうが、チルアウトにポップスは今一つ合わない。

Chill Out と Lounge

Café del Mar 23の紹介(曲目と感想を添えて)

Cafe del Marシリーズの第23弾です。ジャケットが盛夏の印象というよりは、晩夏の印象。この印象のせいか、アルバム全体の印象も、しっとりとした少し秋を感じるような構成になっています。今回、アルバムの前半は60年代70年代を感じるノスタルジックな構成になっています。収録されている曲は、最近のモノばかりなのですが、印象としてノスタルジックです。
Chill Out と Lounge

The Sound of Cafe del Marの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

Cafe del Marの中のDreamsシリーズ第9弾。このDreamsシリーズのコンセプトが少しわからなくなってきている…。どちらかというとエピックな抒情的で、壮大な感じというイメージでいたが、いつの間にアコースティックな感じになったんだろうか。とにかく地味だ。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar Dreams 9の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

Cafe del Marの中のDreamsシリーズ第9弾。このDreamsシリーズのコンセプトが少しわからなくなってきている…。どちらかというとエピックな抒情的で、壮大な感じというイメージでいたが、いつの間にアコースティックな感じになったんだろうか。とにかく地味だ。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar Ibiza Classics 3の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

Cafe del Mar Ibiza Classics 3はタイトルの通り、イビサで流れていたチルアウトを選曲している。クラシックと呼ぶのにふさわしい曲が多い。懐かしい曲が多い。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar Chillwave 2の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

コンパイルと、最後のミックス3曲はGelkaによる。Cafe del Mar Musicのアーティストらしい選曲。収録曲がとても多いのもうれしいアルバム。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 22の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

カフェ・デル・マーの第22弾。安定性は相変わらず抜群のコンピレーション。
Chill Out と Lounge

Ganga / I Dream About Treesの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

前半部分の1曲目~5曲までにチルアウトのクラシック名曲が収録されている。多くのコンピに収録されており、代表的なのでも次の通り。
Chill Out と Lounge

Blank & Jones / Relax – The Best of a Decade (2003-2013)の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超々おススメアルバム)

チルアウト、ラウンジ系のマストアルバムの一つ。Blank & JonesのRelaxシリーズの1~7を中心につくられたベストアルバム。なお、Relaxシリーズはこの後も引き続きリリースされている。
Chill Out と Lounge

Chicane / Giantsの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

バランスの良いアルバムである。アルバムからは"Middledistancerunner"がシングルカットされた。以前にシングルカットされていて収録されたのが、"Poppiholla""Hiding All the Stars""Come Back"である。
Chill Out と Lounge

DJ Á & Prosis / Essential Lifeの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

このアルバム ハウス・アルバムだが、チルアウト、ラウンジに向いたアルバム。 全体的には地味な印象だが、聞き込むと段々といい味になってくる。他の曲の間に入れても邪魔をしない曲が多く、そういう点でもチルアウト、ラウンジに向いている...
Chill Out と Lounge

Buddha Bar 17の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

安定感のある構成。最近はトライバルな音と西欧風との割合が、トライバル寄りになってきているような気がする。以前に増してエスニックテイストが増している。最後の曲がすばらしい!!
Chill Out と Lounge

Jose Padilla / Kata Rocksの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(おススメアルバム)

久々の感のあるJose Padillaによるコンピ。アルバムのKata Rocks(カタ・ロックス)はタイのプーケットにあるリゾート。Jose PadillaやCantoma、Chris Cocoなどチルアウトの大御所の音が収録されている
Chill Out と Lounge

Cantoma / Just Landedの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

やっぱり、チルアウト・アルバムはこうでなければ!という王道のつくり!!!突出している1曲はないが、アルバム全体のバランスが素晴らしく取れている。2016年の夏を代表するチルアウト・アルバム
Chill Out と Lounge

DAB (Digital Analog Band) / The Best 3の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

Cafe del Marレーベルのアーティストで、Cafe del Marに多くの曲が収録されている。レーベルを代表するアーティストの一人。レーベルの色を知る上でもお勧めである。
タイトルとURLをコピーしました