西村雅彦

1) 時代劇映画や歴史映画(日本)

映画「殿、利息でござる!」(2016年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

感想/コメント 配役がよかった映画 配役がとてもいい映画だったと思います。阿部サダヲをはじめとして、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平、草笛光子、山崎努といった俳優陣が個性あふれる役柄を演じきりました。 中でもよかったの...
01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「風立ちぬ」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

湖面に一筋の波もたっていないような静かで淡々とした雰囲気が映画全体に流れている。この映画は実在の堀越二郎をモデルに、堀辰雄の同名小説からのアイデアを織り交ぜた作品。堀越二郎は零戦の設計者として有名である。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「超高速!参勤交代」(2014年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

宣伝の仕方がコメディを前面に出したものだったので、どんな感じかと思っていたが、思った以上に真面目な作りだった。もちろん、ありえない筋立てであるが、コメディというよりは、エンターテインメントとして楽しめる内容だった。

02. ファンタジー

映画「もののけ姫」(1997年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

「風の谷のナウシカ」が西洋的な文明をモチーフにしているとすると、本作は日本を舞台にして同じようなテーマを扱っている。人間と自然の関係、人間同士の争い・権力欲、自然との共生と近代化...。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「のぼうの城」(2012年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

まず、原作の方が面白い。とはいえ、ほぼ原作通り。次に、原作は映像化を意識して書かれていたはずなのに、その面白さが映画に反映されていない。不思議である。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「武士の家計簿」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

不況にあえぐ現代日本を幕末の一家族の中に凝縮させたような映画である。その分、地味な映画。江戸時代後期から末期の幕末にかけ、諸藩はおろか中央政府たる幕府自身も困窮に喘いだ。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「20世紀少年2 最後の希望」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

物語は新たな展開を迎える。「よげんの書」につづいて「しんよげんの書」が出てくるのだ。それはケンヂたちが考えたストーリーの続きだった。

タイトルとURLをコピーしました