仲代達矢

02. ファンタジー

映画「かぐや姫の物語」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

アニメーションなのだが、見ているうちに、ふと思ったのが、「これって動く絵本だよなぁ」というものだった。絵本の世界がそこに映し出されている感じがしたのだ。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「乱」(1985年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ウィリアム・シェイクスピアの「リア王」を原作として、舞台に戦国時代を選び、息子たちに家督を譲った男の悲劇を描く。毛利元就の「3本の矢」の逸話を交えているが、毛利家を舞台としているわけではない。架空の家を舞台にしている。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「用心棒」(1961年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

続編的な映画として「椿三十郎」がある。細かい時代設定は異なるが、本作の三十郎と椿三十郎の三十郎は人物像や着物が同じだ。とぼけた名乗り方も同じだ。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「椿三十郎」(1962年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

重厚で凄みと渋みのある三船敏郎と、カミソリのように眼光鋭い敵役の仲代達矢。緊張感の張りつめた展開がテンポよく続くなか、張りつめた空気を一挙に解放してくれるのが城代家老夫人の入江たか子と娘の千鳥の親子。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「雨あがる」(1999年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

故・黒澤明監督が山本周五郎の短編をもとに書いた遺稿を、黒澤組のスタッフたちが映画化。堅苦しくなく、見終わった後に爽快な気分になれる良質の時代劇。ユーモラスでさえある。

タイトルとURLをコピーしました