古代ローマ

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「テルマエ・ロマエ」(2012年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

五賢帝のハドリアヌス帝の時代が舞台。ハドリアヌス帝とは、プブリウス・アエリウス・トラヤヌス・ハドリアヌスで、第14代ローマ皇帝、ネルウァ=アントニヌス朝の第3代目皇帝である

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「スパルタカス」(1960年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

古代ローマで「スパルタクスの反乱」と称される第三次奴隷戦争の首謀者として知られるスパルタクスを描いた歴史スペクタクル。3時間を超える長い映画だが、意外とその長さを感じさせない。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「ガーディアン ハンニバル戦記」(2006年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

カエサルが登場する前の古代ローマ。そのローマを恐怖のどん底に落し、ローマ最大の悪夢として記憶された男ハンニバルを描いた作品。映画としての上映ではないが、かなり大規模な撮影が行われている。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「ベン・ハー」(1959年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

映画史上で見ておかなければならない映画があるとしたら、本作はそうした作品の一つになるだろう。映画は、ローマ帝国支配時代のユダヤ人王族のジュダ・ベン・ハーの数奇な半生にイエス・キリストの生涯を交差させて描かれている。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「グラディエーター」(2000年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

大ざっぱに言えば、権力闘争に敗れたものが、どん底からはい上がり、かつての政敵と対決する物語。少し正確に言うと、権力闘争は行われていない。一方の策略によって、もう一方が敵対する意思すらないのに蹴落されるというもの。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「トリスタンとイゾルデ」(2006年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「トリスタンとイゾルデ」は、1500年前にケルトの伝説として誕生、吟遊詩人らによってヨーロッパ中に広められ、宮廷詩やアーサー王伝説の一部として語り継がれていった悲恋物語。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「キング・アーサー」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

中世の物語を想像して映画を見てしまうと、いきなり面食らってしまう。また、「アーサー王と円卓の騎士達」の中で繰り広げられる魔法の世界を思い浮かべながら映画を見てしまってもいけない。

タイトルとURLをコピーしました