記事内に広告が含まれています

アラン・シルヴェストリ

08. アニメーション

(映画)ポーラー・エクスプレス(2004年)の感想とあらすじは?

クリスマスを題材にしたアニメ作品。モーションキャプチャをつかって俳優の動き・表情をアニメ化している。声を担当しているトム・ハンクスをはじめとする俳優が何役もこなしたようだ。だが、少々リアルに過ぎるので、正直気持ち悪い。子供向けというのには・・・少々・・・

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

(映画)アビス 完全版(1989年)の感想とあらすじは?

この映画は完全版を見ないと意味がない。もし劇場版を見ていて完全版を見ていないのなら、完全版を見ることをお勧めする。なぜなら、パニック映画的な見方をされがちだが、本来はパニック映画ではないからだ。

06. アドベンチャー

(映画)ハムナプトラ2 黄金のピラミッド(2001年)の感想とあらすじは?

タフな冒険家であるリック、優秀な女性考吉学者エヴリン、そそっかしい兄のジョナサンというおなじみのメンバーに、好奇心が強すぎて余計なことをしてしまう息子のアレックスが加わり再び冒険が始まる。

02. ファンタジー

(映画)ナイトミュージアム(2006年)の感想とあらすじは?

博物館の展示物が動き出すという発想、きっと監督は幼いころに博物館の展示物は夜になると動き出すんだよ、と祖父か祖母に言われたのだろう。

02. ファンタジー

(映画)ベオウルフ 呪われし勇者(2007年)感想とあらすじは?

パフォーマンス・キャプチャーという技術が用いられているのだが、これは役者の動きをコンピュータに取り込むモーションキャプチャー技術を、より精密緻密にしたもののようだ。

02. ファンタジー

(映画)ヴァン・ヘルシング(2004年)の感想とあらすじは?

ヴァン・ヘルシングはブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」の登場人物。映画の世界ではドラキュラの天敵として描かれ、ヴァンパイア研究を続けてきた老教授として描かれることが多かった。

タイトルとURLをコピーしました