記事内に広告が含まれています

Omni Trio / Even Angels Cast Shadowsの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

前回と異なり、無機質な冷たさはなりを潜めた。また、ドラムアンドベースとしては全体的にメロディアスなアルバムである。

アルバム主義の傾向が強いアーティストのような印象を受ける。前作と同様にジャケットのイメージとアルバムの音のイメージがリンクしている。

3曲目ではピアノやストリングスをふんだんに取り入れている。早いビートながら、音色には浮遊感漂い、幻想的な感じがある。ハットの音を削れば、十分にChill Outに使える曲である。でも、これはミキサーでは削れないだろうなー。

7曲目はHarp Tuneの通り、ハープを使用している曲。ドラムアンドベースにハープを乗っけてしまうのはスゴイが、ハープの音自体がクリアなのでまとまりがよい。

※曲のリストをうまくご活用ください。きっとお目当ての曲が見つかると思います。良い音楽との出会いを楽しんでください。
スポンサーリンク

曲目

OmniTrio-EvenAngelsCastShadows
Omni Trio
2001
Album title
“Even Angels Cast Shadows”
Label : Moving Shadow Music

Omni TrioをAmazonで探す

1 Breakbeat Etiquette (London Steppers remix)
2 Diffusion Loops
3 Higher Ground
4 First Contact
5 A Little Rain Must Fall
6 Nu Birth (remix)
7 Artificial Life (Harp Tune)
8 Lucid
9 Kashmir
10 Kinetic

アルバムの評価

★★★★☆☆☆☆☆☆
【評価の内訳】2.2
【構成・バランス】B=1.5
【飽きのこなさ】D=0.5
【曲の好み】Av.0.2
Aランク:-
Bランク:3曲目、7曲目

アーティストの紹介

Omni Trio(オムニ・トリオ)プロフィール:
Rob Haighによるドラムアンドベースのプロジェクト。1990年代初等から活動しているドラムンベース界では古株。
Moving Shadowレーベルの初期の代表格。

Omni Trioの他のアルバム

タイトルとURLをコピーしました