記事内に広告が含まれています

Musique Boutique New Arrivalの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このアルバム

ラウンジのコーナーにあるアルバムにもかかわらず、ラウンジではありません。

少なくともHotel CostesやBuddha Barなどがラウンジであると思っている人にとっては、ラウンジとはいえない代物です。

有名なポップスを若干(本当に若干なのです)リミックスしたものが多く収録されています。元ネタを大幅にいじっている感じではないので、そのままの雰囲気が伝わってきてしまいます。

ですからポップスのコンピとしては成立するのでしょうが、ラウンジのコンピにしたいのなら考え直すべき点が多すぎます。

もっとも、音楽のとらえ方など千差万別なので、このレーベルとしては、ここに収録されているものをラウンジとしてとらえているのでしょう。

となると、私はこのレーベルとは好みが合いません。まぁ、ほかのコンピでも引っかかったことがありますので、根本的に合わないレーベルなのでしょう。

シンディ・ローパーの「Time after time」、デペッシュ・モードの「JUST CAN’T GET ENOUGH」、メッセンジャーズの「THAT’S THE WAY A WOMAN IS」、ルベッツの「SUGAR BABY LOVE」などが収録されています。

こうした曲はCMにも使用され聞いたことがあるかもしれません。収録されているオリジナルには、いい曲が多いです。リミックスの仕方によっては当然ラウンジになるものもあります。

このコンピに収録されているのは、様々なレーベルからリリースされている曲です。中にはそれと知られるレーベルも含まれています。

そうしたレーベルの中からこういう選曲をするのですから、これはレーベルのセンスとしかいいようがないですし、あえてラウンジとは違うものを選んでいるとしか思えません。

個人的には「気になるのであればどうぞ」という類のものでしかありません。

Hotel CostesやBuddha Barなどがラウンジであると思っている人にはススメしません。

※曲のリストをうまくご活用ください。きっとお目当ての曲が見つかると思います。良い音楽との出会いを楽しんでください。
スポンサーリンク

曲目

Musique Boutique New Arrival
2006
label : Rambling Records

Artist / titile
1 VIRTUAL BOYS / TIME AFTER TIME
2 VELVET 99 / THESE BOOTS ARE MADE FOR WALKING
3 MAGNETIC4 / CIUPA CIUPA
4 NOUVELLE VAGUE / JUST CAN’T GET ENOUGH
5 SKEEWIFF / MAMBO NUMBER WHAT?
6 DOKTOR ZOIL / THAT’S THE WAY A WOMAN IS
7 PAT C. / TOC TOC
8 THE PINKER TONES / KARMA HUNTERS
9 LEMON / STUDIO NONE
10 RAW ARTISTIC SOUL / WHAT ABOUT LOVE feat. MIRTA JUNCO WAMBRUG
11 JOE FACE / MANIAC CLUB MIX
12 PIERRE-JEAN GIDON feat. WAWA / SUGAR BABY LOVE

タイトルとURLをコピーしました