04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「僕の彼女はサイボーグ」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

きっと彼女は、もう一つの「ターミネーター」なのでしょう。その登場の仕方といい、未来から主人公を守りに来たという設定といい、近い将来に街が壊滅的な打撃を受ける点といい、よく似ています。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「アビス 完全版」(1989年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この映画は完全版を見ないと意味がない。もし劇場版を見ていて完全版を見ていないのなら、完全版を見ることをお勧めする。なぜなら、パニック映画的な見方をされがちだが、本来はパニック映画ではないからだ。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ノウイング」(2009年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

旧約聖書の「創世記」に書かれている「ノアの方舟」をモチーフとした映画。希望があまり見えない映画で、一種の虚しさを感じさせる映画である。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「アバター」(2009年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

アバター(Avatar)の語源はサンスクリット語のアヴァターラにあるそうで、化身を意味する。つまりは「分身」である。「分身」であるのか「自身」であるのか...

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「スチームボーイ」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

スチームボールというエネルギーの塊を使って、どんな発明が!?とわくわくしながら見ていたら、えぇっ??巨大な建物が動くだけ?

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「20世紀少年3 ぼくらの旗」(2009年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

エンドロールが終わってからの10分で本当の「ともだち」の正体が明かされる。「ともだち」の正体は半分当たって、半分は見当外れだった。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「20世紀少年2 最後の希望」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

物語は新たな展開を迎える。「よげんの書」につづいて「しんよげんの書」が出てくるのだ。それはケンヂたちが考えたストーリーの続きだった。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「20世紀少年1 終わりの始まり」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

浦沢直樹氏の「20世紀少年」を映画化。自身が初期段階から脚本に参加している。映画は原作とは異なるストーリー展開となっているそうだ。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「ブレードランナー」(1982年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

今となってはSFの名作と言われる作品だが、公開当初はひどい興行成績だった。日本では極端な不入りで早々に上映が打ち切られてしまったという。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「タイムライン」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

タイムスリップして消息を絶った教授を救出するために、14世紀のフランスへ旅立った若者たちが、英仏百年戦争の真っ只中に放り出される。その放り出された日は、ラ・ロック・キャッスルがオルノー卿率いるフランス軍によって落される日。絶体絶命のピンチの中、残された時間はわずか6時間...。

タイトルとURLをコピーしました