中村獅童

1) 時代劇映画や歴史映画(日本)

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」全48話の感想(主人公:北条義時)

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の舞台は鎌倉時代初期、主人公は北条家の2代目北条義時です。脚本は三谷幸喜さんです。権力闘争の激しかった時代を勝ち抜き鎌倉時代を支配した北条家の礎を築いた北条義時を描いたドラマです。ドラマの感想やネタバレがあります。
01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「ICHI」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

子母澤寛(しもざわ かん)の「座頭市物語」が原作。今回は「市」の設定を女性にして、孤高を貫き生きる女、初めて出会った運命の男との切ない恋の行方を描く。

09. ミュージカル・音楽

映画「BECK」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ハロルド作石の人気コミックの映画化。映画化は1~10巻部分。BECKは音楽をテーマとしているため、映画の中では音楽が鳴り響く。BECKのバンドサウンドのモデルは、レッチリとオアシス。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」(2009年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「赤壁の戦い」の「せ」の字も感じないままに、中途半端に終わった前作とは異なり、本作はまさに「赤壁の戦い」一色の映画となっている。...まぁ、当たり前と言えば当たり前。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「レッドクリフ PartI」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

三国志演義をベースにした「赤壁の戦い」を中心に描いた映画。歴史スペクタクル映画と言いたい所だが...。残念だが、映画史上に残る名作ではない。過去の名作と比べてしまうと、どうもねぇ。

タイトルとURLをコピーしました