甲本雅裕

1) 時代劇映画や歴史映画(日本)

大河ドラマ「どうする家康」全話の感想(主人公:徳川家康)

大河ドラマ「どうする家康」の舞台は戦国時代から江戸時代初期、主人公は徳川家康です。脚本は古沢良太さんです。戦国時代を生き延び、やがて天下を取って、江戸幕府を開いた徳川家康を描いたドラマです。ドラマの感想やネタバレがあります。
01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「超高速!参勤交代」(2014年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

宣伝の仕方がコメディを前面に出したものだったので、どんな感じかと思っていたが、思った以上に真面目な作りだった。もちろん、ありえない筋立てであるが、コメディというよりは、エンターテインメントとして楽しめる内容だった。

07. ファミリー,ドラマ

映画「Railways 49歳で電車の運転士になった男の物語」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ノスタルジックな映画である。誰しも幼いころに「なりたかったもの」があるだろう。それへの挑戦と、壊れかけていた家族との絆の再生、長いこと果たせないでいる親孝行、スローライフ...。

11. コメディ

映画「ザ・マジックアワー」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

写真・映画用語で「マジックアワー」とは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」を指す。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

今回のキャッチフレーズは「ヤツらを解放せよ!」だ。ヤツらとは一体誰のことなんだ?えぇ、あの意外な!...っていうふうにしたかったのだろうけど、全然流行らなかったねぇ。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「花のあと」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「花」というと、女性の青春を指すこともある。「花盛り」などと言われるとおりである。題名の「花のあと」とは、桜の季節の後、そして、女性の青春を終えた後、の両方の意味を含んでいる。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「20世紀少年2 最後の希望」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

物語は新たな展開を迎える。「よげんの書」につづいて「しんよげんの書」が出てくるのだ。それはケンヂたちが考えたストーリーの続きだった。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

「Star Wars」から影響を受けた「隠し砦の三悪人」に淡い恋物語をブレンドしたといった感じ?ダースベーダーもどきの鷹山刑部の登場には白けた。後半に登場する山名の砦はさしずめデススターだろう。

タイトルとURLをコピーしました