アンディ・ガルシア

3) かなり面白い

映画「アンタッチャブル」(1987年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

原作は主人公のエリオット・ネス の自伝。この自伝を基にしたテレビドラマが大ヒットして、この映画は、そういう意味では二番煎じになる。だが、二番煎じだとしても、面白いことには変わりがない。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「ゴッドファーザーPARTIII」(1990年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

それまでの壮絶な人生が嘘のような最期。それを描いたラストシーンは名場面である。この外伝的な作品はマイケルの晩年を描いたもので、世界を揺るがした大スキャンダルであるロベルト・カルヴィ暗殺事件を筋のモチーフに用いた作品となった。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「オーシャンズ11」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

この映画は、シナトラ・ファミリー総出演の1960年作「オーシャンと11人の仲間」のリメイク。シナトラ・ファミリーにちなんでなのか、出演陣が超豪華。だが、単なる豪華メンバーによる映画にあらず。相当面白い。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「オーシャンズ13」(2007年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

こまかい笑いが散りばめられているのはいつもの通り。ニヤニヤしながら楽しめる娯楽作品になっている。特にニヤニヤしたのが、イカサマ・ダイスを作るためにオーシャンの仲間がメキシコの工場に潜入した場面。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「オーシャンズ12」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

舞台をラスベガスからヨーロッパのアムステルダム、モンテカルロ、コモ湖、ローマ、シチリア島と移動し、ちょっとした旅行気分を味わえる。映画はドタバタ系の半分コメディタッチ。

タイトルとURLをコピーしました