飯田健三郎

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「柘榴坂の仇討」(2014年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

桜田門外の変を題材にした映画。原作は浅田次郎による短編小説。短編集「五郎治殿御始末」(ごろうじどのおしまつ)に収録されている。主人公の志村金吾と直吉(佐橋十兵衛)は浅田次郎による架空の人物である。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「小川の辺」(2011年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

原作に忠実な映画である。だが、原作のイメージを表現しきれているかというと、さにあらず。さりとて、具体的に悪い個所がここ!というのがない。いわば、平凡過ぎて、どうにもならない映画になってしまっている。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「山桜」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

藤沢周平の同名短編を映画化。原作のイメージぴったりというわけではないが、かなり忠実に映画化されている。原作はかなり短い短編なので、一読してから見てもいいと思う。

タイトルとURLをコピーしました