広末涼子

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「柘榴坂の仇討」(2014年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

桜田門外の変を題材にした映画。原作は浅田次郎による短編小説。短編集「五郎治殿御始末」(ごろうじどのおしまつ)に収録されている。主人公の志村金吾と直吉(佐橋十兵衛)は浅田次郎による架空の人物である。

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「GOEMON」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

ゲームの信長の野望とロード・オブ・ザ・リングとスター・ウォーズを足して3で割ったような感じ。独特の映像は面白いが、CGなどはゲームの信長の野望を見ている感じだった。まぁ、そういう印象だった。

1) 時代劇映画や歴史映画(日本)

大河ドラマ「龍馬伝」の感想(主人公:坂本龍馬)

2010年の大河ドラマは「龍馬伝」 2010年の大河ドラマが発表された。 幕末の江戸時代を舞台に坂本龍馬の生涯を描く。 脚本は「HERO」「ガリレオ」「CHANGE」などを手がける福田靖氏。 三菱財閥の礎を築く岩崎...
07. ファミリー,ドラマ

映画「おくりびと」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

静謐(せいひつ)という言葉がある。一般的には、おだやかで、しずかで、物音がしない様子をいうが、心の静けさ、気持ちの安定、落ち着き、穏やかさ、心地よさといった心の平安を意味する言葉

タイトルとURLをコピーしました