記事内に広告が含まれています

(アニメ)スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(22BBY)の感想とあらすじは?

この記事は約15分で読めます。

スター・ウォーズのクローン戦争1年目を描いた3Dアニメシリーズです。

クローン戦争は「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」で始まった戦争です。

銀河標準暦におけるクローン戦争

このシリーズからアソーカ・タノが本格的にスター・ウォーズのシリーズに登場します。アソーカのライトセーバーは緑色で、まだ二刀流ではありません。

このシリーズの主要登場人物は、銀河共和国側がジェダイのアナキン・スカイウォーカー、パダワンのアソーカ・タノ、オビ=ワン・ケノービ、ヨーダ、クローン・トルーパーのレックス、ウルフ・ユラーレン提督、分離主義勢力側がドゥークー伯爵、グリーヴァス将軍、ヴェントレスなどです。

クローン・ウォーズというだけに、多くのクローン・トルーパーが登場しますし、多くのドロイドも登場します。もちろんおなじみのR2-D2やC-3POも活躍を見せます。

1話は30分程度ですが、全部で130話を超える超巨編シリーズです。

Disney+(ディズニー・プラス)の会員になれば、常時見ることができます。

スポンサーリンク

スター・ウォーズヒストリー(時系列)

スター・ウォーズ(=スカイウォーカー・サーガ)は正史(カノン)の順番通りに見るのがおススメです。

スポンサーリンク

あらすじ/ストーリー/ネタバレ

クリストフシスの戦い

シーズン2-16 封鎖線を突破せよ

賢明なリーダーは従う時を知っている

鉄壁の包囲網。

資源豊かな惑星クリストフシスは分離主義勢力の艦隊に封鎖され、ベイル・オーガナ議員とその人道支援が閉じ込められた。

人格者として知られる議員を救うには、ジェダイ・ナイト・アナキン・スカイウォーカー率いる共和国部隊が活路を切り開かなければならない。

しかし、議員と善良なクリストフシス市民たちを救えるかどうかは時間との戦いにかかっていた。

シーズン2-16 封鎖線を突破せよ オープニング

分離主義勢力の艦隊が惑星クリストフシスを包囲していた。

孤立した共和国のオーガナ議員を救出すべく、アナキンが艦隊と共に向かう。

応援駆けつけたオビ=ワンが試作の小型のステルス・シップを持ってきた。

敵はマラステアの戦いで死んだはずのトレンチ提督率いる分離主義勢力。

アナキンは封鎖線を突破してオーガナ議員に救援物資を届けられるのか。

この作戦にスパークが初参加した。

シーズン1-16 内なる敵

真実は目を開かせても、幸せをもたらすとは限らない

クリストフシスの危機。

優雅な美を誇る惑星クリストフシスが、分離主義勢力の無慈悲な攻撃に晒された。

もはやドロイド軍の猛攻を支えきれなくなったクリストフシスの人々は、ジェダイに助けを求めた。

人々の命を救い、さらなる破壊を防ぎたいオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーは、この重要な惑星を巡る戦いの流れを変えるため、大胆な奇襲作戦に打って出た。

シーズン1-16 内なる敵 オープニング

惑星クリストフシスが分離主義勢力の侵攻を受けている。

アナキンとオビ=ワンは、奇襲作戦で状況の打開をはかろうとするが、味方の位置がバレている。

二人は味方の中に裏切り者が存在すると考えた。裏切り者はスリックの部隊にいるようだ。一体誰が裏切り者なのか。

アナキンとオビ=ワンはワナと知りながらも敵の本拠地に乗り込んだ。

そこにいたのはヴェントレスだった。

映画「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」

銀河系は分断された。

ジオノーシスの戦いの後、ドゥークー伯爵のドロイド軍は驚くべき早さで主要なハイパースペース航路を支配し、共和国とクローン軍の主力との分断に成功した。

兵力を失ったジェダイ将軍たちは、アウター・リムでの拠点確保に失敗し、多くの星がドゥークーの分離主義派に加わっていった。

ジェダイたちは戦いに明け暮れ、平和を維持する者は誰もいなくなった。

混乱と犯罪が蔓延し、無法地帯と化した銀河系で罪もない人々が犠牲となったのだ。

犯罪王ジャバ・ザ・ハットの息子も彼に対抗する海賊団に誘拐された。

息子の身を案じるジャバはついにジェダイに助けを求めたが、ジェダイはその対応に慎重だった。

映画「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」オープニング

ロッタ・ザ・ハットの救出に向かえるのは惑星クリストフシスを落としたばかりのアナキンとオビ=ワンだけだった。

パルパティーン最高議長は二人を救出に向かわせることにした。

ジャバ・ザ・ハットに恩を売って外縁部で安全な航路を確保するためだ。

しかし、惑星クリストフシスの確保は難航していた。

苦戦するオビ=ワンとアナキンを助けるため、救援物資と増援が送られた。

そして、物資と一緒にヨーダからパダワンが送り込まれた。

アソーカ・タノという惑星シリ出身のトグルータという種族の少女だ。

アソーカはアナキンのパダワンになった。

ジャバは賞金稼ぎも雇い、息子の捜索をした。そして息子は惑星テスの僧院に隠されているのが分かった。

そのことはメイス・ウィンドゥとヨーダに報告された。

手こずっているオビ=ワンの応援にヨーダが向かうことになった。

この誘拐事件には裏がありそうだ。

惑星クリストフシスの確保に成功したアナキン達は辺境の惑星テスへ向かうことになった。

ジャバとの交渉はオビ=ワンが行い、ロッタ・ザ・ハットをさらったならず者はアナキンとアソーカが追うことになった。

ジャバと会ったオビ=ワンは、ジャバから条件を一つだけ突きつけられた。それは息子をさらった者をタトゥイーンに連れてくること。生死は問わない。

そして、もし失敗すれば、ドゥークー伯爵とドロイド軍に依頼し直すと脅した。

惑星テスに着いたアナキンとアソーカは戦闘に入った。僧院を2個大隊が守っている。レックスの部隊と共に、激しい銃撃戦が繰り広げた。

僧院にはヴェントレスがいた。ドゥークー伯爵と連絡をとって、アナキンを罠にはめたのだ。

だが、アナキン達も罠であることを承知していた。そしてロッタ・ザ・ハットを救出した。

その頃、オビ=ワンと入れ替わりにドゥークー伯爵がジャバに会っていた。

ドゥークー伯爵は今回の犯人はジェダイであり、ジェダイはジャバの命を狙っていると警告した。証拠を見せられたジャバはドゥークー伯爵に何を望むか聞いた。

ドゥークー伯爵はヴェントレスにロッタ・ザ・ハットを奪うように命じた。

惑星テスでの攻防戦が激化していた。共和国軍のクローン軍を助けるため、オビ=ワンが駆けつけた。

アナキンとアソーカはロッタ・ザ・ハットを連れて、タトゥイーンに向かった。

だが、タトゥイーンにはドゥークー伯爵が待ち構えていた。

その頃、コルサントではアミダラ議員がジャバの伯父ズィロに会っていた。

クローン訓練生

シーズン3-1 トルーパーへの道

兄弟の手にする武器は命の絆

クローン・トルーパー団結せよ。

戦いは銀河全域に拡大。邪悪な分離主義勢力を倒すため、共和国クローン軍の奮闘が続いていた。

勇猛、大胆、結束・・・戦場で彼らが流す血は共和国に勝利をもたらしていた。

そのクローンたちの生まれ故郷カミーノでは、ジェダイ・ナイト・シャク・ティと賞金稼ぎの傭兵たちによる指導のもと、クローン新兵の訓練が行われていた。

肉体、精神の両面を鍛え上げ、彼らを完璧な兵士に仕立ててから、戦場に送り出す必要があったのだ。

シーズン3-1 トルーパーへの道 オープニング

惑星カミーノでクローン兵は厳しい訓練を受けていた。

ヘヴィ、カタップ、ドロイドベイト、ファイブス、エコーの5人の属するドミノ分隊もそのひとつだ。
だが、チームとしてまとまりが無い。

ジェダイのシャク・ティと訓練教官ブリック、エル=レスはドミノ分隊に頭を悩ませていた。

そして、ドミノ分隊は最後の実戦テストに失敗してしまう。

エル=レスはドミノ分隊には他にない才能があると見ていた。99号もドミノ分隊を気にしていた。

ドミノ分隊の追試が認められた。

スター・ウォーズ:テイルズ・オブ・ジェダイ 5 継続は力なり

ライロス侵略

シーズン3-3 補給線をつなげ

意思のあるところに、道はある

惑星ライロスの危機。

分離主義勢力はライロスへ大攻勢を仕掛けてきた。

大規模な敵艦隊の封鎖により、共和国の防衛軍は補給線を断たれてしまう。

彼らはトゥイレックの自由の戦士チャム・シンデューラと手を組み、果敢に戦っていたが、迫り来るドロイド軍の前に、ジェダイ・マスター・ダイとその部下たちの命運は、今まさに尽きようとしていた。

シーズン3-3 補給線をつなげ オープニング

惑星ライロスが分離主義勢力の艦隊に封鎖された。

ライロスではジェダイ・マスターのダーイ率いるクローン軍と、チャム・シンドゥーラ率いるトワイレックとの連同軍が戦っていた。

だが、武器弾薬・食料が尽きようとしていた。ダーイはダオ提督に応援を要請した。

ジェダイ評議会は、支援物資の輸送のため、ブロッケード・ランナーをライロスに送ろうとする。

それを知ったドゥークー伯爵は通商連合のロット・ドッドと交渉した。

オーガナ議員はトイダリアのカトゥーンコ大王との面会を求めた。ジャージャー・ビンクスも同行する。

ライロス救援のため、トイダリアを中継地として使用させてほしいと依頼するためだ。

そこに通商連合のロット・ドッドが現れた。

トイダリアは絶対的な中立の立場をとっていたので、共和国側、分離主義派のいずれにも関わらない立場だ。

一方でトイダリアは人道的な支援には惜しまない。

トイダリアはどういう判断を下すのか…

シーズン1-1 待ち伏せ

偉大な指導者は他者の偉大さを引き出す

銀河は戦いで分断された。

平和だった星々もどちらかの味方につくか、侵略の脅威に直面するかの選択を迫られる。

共和国と分離主義勢力の双方は中立惑星の取り込みに走った。

トイダリア星系に補給基地の建設を求める共和国は、秘密交渉のため、ジェダイ・マスター・ヨーダを偏狭の中立衛星へと派遣した。

シーズン1-1 待ち伏せ オープニング

トイダリアに補給基地を求める共和国軍は、秘密交渉のためマスター・ヨーダを派遣した。

カトゥーンコ大王はヨーダの到着を待っていたが、現れたのはドゥークー伯爵の腹心アサージ・ヴェントレスだった。

ドゥークー伯爵もトイダリアを取り込もうとしていたのだ。

ヨーダはクローン・トルーパー3名を率いて、ヴェントレスのドロイド軍と対決することになった。

マレボランス戦役

シーズン1-2 マレボランス襲来

信頼は選択ではなく信念である

クローン艦隊は危機に瀕していた。

何十隻もの共和国の軍艦が情け容赦のない奇襲を受け、クルーは全滅したのだ。

さらに、分離主義勢力の恐るべき新兵器の噂も流れていた。

膨れ上がる恐怖に直面したジェダイ評議会は、未知の敵を倒し、被害を食い止めるべく、マスター・プロ・クーンを送り出したのだった。

シーズン1-2 マレボランス襲来 オープニング

分離主義勢力の秘密兵器の噂があり、共和国軍はマスター・プロ・クーンをアブレガド星系に派遣し、秘密兵器を探らせた。

分離主義勢力の戦艦にはドゥークー伯爵とグリーヴァス将軍が乗っていた。

近くにはスカイウォーカー艦隊がいた。連絡を取ったプロ・クーンはアソーカの姿を見つけて驚いていた。

新兵器によってプロ・クーンの艦隊は全滅した。脱出ポッドでプロ・クーンと部下のクローン・トルーパー数名は逃げたが、救援が来なければお終いだ。

グリーヴァス将軍は生存者を一人も残さなように徹底していた。

その頃、アナキンとアソーカは応援のためにアブレガド星系へ向かった。

アソーカにとってプロ・クーンは、アソーカをジェダイの道に導いた恩人だった。

シーズン1-3 マレボランスの影

賢明さを得るには思い上がりをすてよ

恐るべき兵器が解き放たれた。

分離主義勢力の戦艦<マレヴォランス>は、立ちはだかる軍艦をなぎ倒し、共和国の宙域で無敵の進撃を続けていた。

きわどい救出作戦を成功させたアナキン・スカイウォーカーは、敵艦と極悪非道のドロイド、グリーヴァス将軍への反撃に向けた秘策を練っていた。

シーズン1-3 マレボランスの影 オープニング

アナキンは戦艦マレボランスのブリッジのグリーヴァス将軍を狙い撃ちするため、特別なチームを編成した。

マッチスティック率いるシャドー中隊が任務を担う。

プロ・クーンは心配していたがアナキンには自信があった。

一方でグリーヴァス将軍はドゥークー伯爵から新しい攻撃目標を与えられた。外縁部にある秘密医療基地である。

アナキンの部隊はリンデリア星系に向かった。

アナキンとアソーカ、プロ・クーンは新型長距離用Yウィング戦闘機で出撃した。

医療基地に危険が迫っているのをオビ=ワンがナラ=セに伝えた。

アナキン達はバルモーラ・ランと呼ばれるルートを選択した。バルモーラには巨大なネブレイ・マンタが大量にいた。

抜けたアナキンたちの前に戦艦マレボランスが現れた。

シーズン1-4 撃破!マレボランス

自分の立てた計画はよく見える

グリーヴァス退却。

アウター・リムのクローン医療ステーションの破壊を目論んだ戦艦マレヴォランスだったが、ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカー率いる共和国部隊の攻撃で、逆に自慢のイオン・キャノンを破壊され、傷付いたまま逃走する羽目となった。

いま、マレヴォランスはジェダイの容赦ない追撃に喘いでいた。

シーズン1の4話「撃破!マレボランス」オープニング

グリーヴァス将軍はイオン砲を破壊されたマレボランスで逃走を続けた。オビ=ワンらは追撃するが、巨艦のため撃墜ができない。一方でグリーヴァス将軍はドゥークー伯爵と交信し、

パドメ・アミダラが近づいていることを知った。

グリーヴァス将軍は共和国軍の船を拿捕したが、パドメ・アミダラとC-3POは捕まえられていなかった。その間、共和国軍は攻撃をやめていた。

アナキンとオビ=ワンは戦艦に侵入してパドメの救出に向かった。

救出を終えるとアナキンはマレボランスを完全に破壊するため細工した。

カミーノの戦い

シーズン1-5 ルーキーたち

経験こそが最良の自信を生む

クローン軍団集結。

アウター・リムでの戦いの激化につれ、ジェダイ・ナイトたちは銀河全域に散らばり、大勢のクローン新兵がジェダイ将軍の指揮下に加わっていた。

しかし、絶え間なく続く過酷な戦いは、十分な訓練を受けていない若いクローン兵士たちを戦場へと駆り立てた。

彼ら若年兵の多くは共和国と侵略者が対峙する最前線の基地に配置されたのだった。

シーズン1の5話「ルーキーたち」オープニング

外縁部に新兵が配属された。敵の姿は無いが、ここを通過されるとカミーノを奇襲されてしまう。

その頃、アナキンはグリーヴァスの行方を探していた。バルモーラで見かけたのが最後の情報だった。

新兵が配属されている前哨基地をコマンド・ドロイドが奇襲してきた。グリーヴァス将軍の軍隊だ。

カミーノにはヴェントレスが潜入してグリーヴァスの到着を待っていた。

リシ星系に近づいたコーディとレックスは様子がおかしいことに気づいた。

生き残ったのはファイブス、エコー、ヘヴィの3名だった。5名で基地を奪還できるのか。

重要なのはカミーノを侵略されないことだ。

スカイトップ・ステーションの戦い

シーズン1-6 消えたドロイド

友を信じれば、自分も信じられる

グリーヴァス将軍によって一連の手痛い敗北を喫した共和国軍は、アウター・リムでの足場を失う危機に直面していた。

惑星ボサウイで戦略拠点の防衛に当たるアナキン・スカイウォーカーと部下のクローンたちは、この星系とドロイド軍の支配領域の間で疲労がピークに達していた。

シーズン1-6 消えたドロイド オープニング

戦略拠点のボサウィを守るアナキン達をグリーヴァス将軍の軍勢が襲おうとしていた。

アソーカやオビ=ワンは退却を勧めたがアナキンは起死回生の作戦があるという。

アナキン達はグリーヴァスを罠にかけた。レックスの部隊を小惑星に展開させて待ち伏せしたのだ。

作戦は大成功だったが、グリーヴァスに逃げられてしまった。

そしてグリーヴァスを追っている中でR2-D2が行方不明になってしまう。

R2-D2のメモリには共和国軍の軍事機密が入っている。

分離主義勢力の手に渡る前に、R2-D2を探しださなくてはならない。

アナキンとアソーカはR3-S6を連れて捜索に向かった。R2とはぐれた地点にトランドーシャンの廃品回収船がいた。

シーズン1-7 ドロイドの決闘

友をつなぎ止めるのは、頭ではなく心だ

行方不明。

アナキン・スカイウォーカーの勇敢なナビゲーター・ドロイド、R2-D2が戦闘中に行方不明となった。

R2の捜索もむなしく引き上げたアナキンのもとに、新型ナビゲーター、R3-S6が届けられる。

ジェダイに、敵の秘密通信傍受基地を見つけよとの新しい危険な任務が課せられた。

一方、R2-D2は悪徳ドロイド商人の手に捕らえられ、グリーヴァス将軍に売られようとしていた。

いま、共和国の軍事機密が危ない。

シーズン1-7 ドロイドの決闘 オープニング

トランドーシャンの廃品回収業者ガー・ナクトはR2-D2をグリーヴァス将軍に売るため目標地点に着いた。閉じ込められているR2-D2は自力でアナキン達に自分の位置を知らせた。

秘密通信傍受基地でグリーヴァスはガー・ナクトからR2-D2を引き取り、機密情報を取り出そうとした。その頃、秘密通信傍受基地についたアナキンとアソーカはレックスの部隊、

R3-S6と共に基地に潜入した。

R3-S6はグリーヴァスのスパイだった。そうとは知らないアソーカとレックスらはアナキンと分かれて原子炉の破壊に向かった。

するとグリーヴァス将軍がアソーカ達の前に現れた。一方、アナキンはようやくR2-D2を探し当てた。

ローディアの任務

シーズン1-8 型破りなジェダイ

英雄は時代が作る

クローン大戦は共和国の結束を揺るがした。

戦いが銀河に拡大するにつれ、分離主義勢力の魅力的な誘惑に屈し、共和国を離れる星が増えた。

和平への強い指名を帯びた元老院議員パドメ・アミダラは、共和国への忠誠が揺らぎかけたアウター・リムの惑星ローディアを説得する任務へと向かった。

シーズン1-8 型破りなジェダイ オープニング

パドメ・アミダラはC-3POとジャー・ジャー・ビンクスと一緒にローディア星へ向かっていた。ファー議員からの個人的要請だ。ファーはパドメの父の親友だった。

ローディアの民は飢えていた。助けてくれない共和国への不信感が高まっていた。そこに分離主義勢力のヌート・ガンレイ総督が手を差し伸べたことがわかった。

パドメは拘束された。罠だったのだ。

一方、船で留守番しているジャー・ジャー・ビンクスとC3-POは、ジャー・ジャーのおかげでトラブル続き。

パドメが危ないと思った二人は助けに向かうことにした。

船内にジェダイのローブがあったので、ジャー・ジャーはそれを羽織った。

ジェダイと勘違いされて追われるジャー・ジャーだったが、予想外の活躍を見せた。

タイトルとURLをコピーしました