Chill Out と Lounge

Chill Out と Lounge

Cafe del Mar DREAMS 2の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

Cafe del Mar DREAMS 2からコンセプトがはっきりしてきた。アルバムのカバーに「no big names, future talents」となっているので、文字通り新人の発掘アルバムといったところか。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar DREAMSの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

Cafe del Mar(カフェ・デル・マー)の中で唯一コンセプトが分からないアルバムである。ほとんど全ての曲が以前に収録済である。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 7の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

レジデントDJがJose PadillaからBRUNOに替わっての第1作。Jose Padillaの音とBRUNOの音は若干違うので、違和感があったためだろう。聞き直すと決して出来が悪いわけではない。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar ARIA2 の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

ARIAと同時にリリースされた作品。このアルバムでは本当にオーケストラを使用している。前作ではクレジットに載っていないので、恐らくオーケストラではなかったのだろうと推測している。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar ARIA の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)

このアルバムに収録されている曲は全てが、クラシックの名曲であり、かつオペラ作品である。そのオペラ作品も有名なオペラ作品が多く、耳にした事がある曲も多いはずである。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 6 の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

Cafe del Marシリーズのコンパイラーを長く続けてきたJose Padilla最後の作品。これを機に、Jose PadillaはCafe del Marを去る。その理由は『あまりに有名になりすぎたから』。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 5 の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

シリーズの中で、最も飽きがこない1枚。全体的なバランスがとてもよく、突出して耳に残る曲がないのが逆にいいのかも知れない。Chill Outのアルバムとしてはできが非常によい。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 4 の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

カフェ・デル・マー(Cafe del Mar)の第4弾。レーベル移籍第一弾。ジャケットは海の中の玉にCafe del Marの文字が浮かび上がっている写真。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 3 の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超おススメアルバム)

ジャケットの内表紙にJose Padillaが頬杖をついた写真が載っている。やはりオヤジである。こういう音楽を知り尽くしたオヤジがやるから、Cafe del Marシリーズはいいのだ。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 2 の紹介(曲目と感想を添えて)(超おススメアルバム)

カフェ・デル・マー(Cafe del Mar)の第2弾。全体的には1作目と似た雰囲気に仕上がっているが、アルバムの始まりから終わりまで流れができあがっている点は、さすがである
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 1 の紹介(曲目と感想を添えて)

Cafe del Mar(カフェ・デル・マー)シリーズの記念すべき第1弾。chill outの伝説的DJであるJose Padilla(ホセ・パディーヤ)がコンパイラーです。
タイトルとURLをコピーしました