超超おススメ

Chill Out と Lounge

REAL IBIZA 9の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

REAL IBIZA(リアル・イビサ)の第9弾。復活してから第2弾。おススメのコンピレーション。収録されている曲の雰囲気といい、ジャケットの雰囲気といい、初期のREAL IBIZAそのままの雰囲気が保たれているのは驚異的だ。
Worldbeat

OceanLab / Sirens of the Seaの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超々おススメアルバム)

このアルバム トランス寄りの曲とチルアウト、エスノ系統の曲とが混在している。 1曲目Just Listenはキックはないのだが、チルとは言い難いなぁ…。2曲目Sirens of the Seaがアルバムタイトルの曲。このアルバ...
Worldbeat

Conjure One / Holoscenicの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

傑作アルバムだと思う。ファーストやセカンドアルバムと聞き比べると、音楽性が少し変わったのと、バリエーションというか守備範囲が広がったような印象がある。音楽に多様性がもたらされ、アルバムとしての広がりが出ているように思う。
Chill Out と Lounge

DAB (Digital Analog Band) / The Best 3の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

Cafe del Marレーベルのアーティストで、Cafe del Marに多くの曲が収録されている。レーベルを代表するアーティストの一人。レーベルの色を知る上でもお勧めである。
アーティスト別

Daishi Dance / the ジブリ set2の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

set1に比べて、こちらの方が、ハウスとして洗練されている。本作も、前作同様にDaishi Danceのメロディアスな側面が綺麗に出ており、個人的に好きな「set」。
Chill Out と Lounge

Islands Of Chillの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

すごい一枚である!!!こんなディープなチルアウトがあっただろうか。選曲がすばらしい。出だしの1曲目から良い。グレゴリアンな感じだが、ディープ目のチル。
Chill Out と Lounge

Cafe del Mar 30th Anniversaryの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

カフェ・デル・マーの30周年記念。前回の25周年、その前の20周年記念の時は同一年度に2種類のコンピがリリースされていた。が、今年はこの1枚だけとなった。
Worldbeat

Beauty 2の鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム 前作に続いて。こちらの方は歌ものが多い。 Enigma、Delerium、Balligomingo、Conjure Oneが好きな人には絶対のおススメ。 この系統の代表的な人気アーティストを集めたコンピ。S...
アーティスト別

Daishi Dance / Melodies Melodiesの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

ピアノの音が綺麗だし、ポップでキャッチーでメロディアスなセカンド・アルバム。とにかく聞きやすい。とても聞きやすいし、ミーハーな感じだが、それがなにか?
New Age, Easy Listening

坂本龍一 / Gruppo Musicaleの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム "1,000 Knives"から"B-2 Unit""Left Handed Dream""Behind The Mask""Coda""Ongaku Zukan""Futurista""Esperanto""Neo ...
Chill Out と Lounge

John Beltran / Ten Days Of Blueの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム とてもロマンチックなアルバム。 アンビエント・テクノ。硬めのリズムが特徴的で、硬めの音が苦手な人には取っつきにくいかもしれない。 硬めの音が、心をとぎすまして聞くことを要求する。ほどよい緊張感を求められなが...
Pops/Rock/Ballad

the Corrs / Forgiven Not Forgottenの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

エスノの参考ディスク。収録されているインストがケルティックなサウンドで、ボーカルにもその影響が見られる。リリース当時、店内に並んでいるのを試聴して即買いした作品。
New Age, Easy Listening

Enya / A Day Without Rainの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム 本作も、エンヤが作曲と歌を担当し、長年の盟友であるプロデューサーのニッキー・ライアンと詩人のローマ・ライアンと共に練り上げ磨き上げられた。前作から5年ぶりとなる。(通算5枚目) 前作の印象を新鮮味がなく、飽きが来...
New Age, Easy Listening

Enya / Shepherd Moonsの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム エンヤの2ndアルバム(通算3枚目)。 アメリカでビルボード・アルバム・チャートに計199週(約4年)チャート・インという超ロング・ランを記録した作品。グラミー賞も受賞。超ベストセラーを記録している大ヒット・アル...
Worldbeat

Conjure One / Conjure Oneの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム Deleriumに比べると、はるかにポップな感じで、聞きやすい。 重厚な感じというよりは、軽やかな感じで包まれている。アルバム全体に流れる雰囲気というものは、Deleriumの世界観に通じる部分があるが、ディープ...
Chill Out と Lounge

Solar Stone / Seven Citiesの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム トランスとしても名曲中の名曲だが、3曲目のAmbient Mixは実に、実に美しい!!! Chill Out系としては五指に入るくらいの名曲である!!! ギターの短音がミニマルにループするのが特徴であるが、...
Worldbeat

Balligomingo / Beneath The Surfaceの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム その音楽性からEnigma(エニグマ)やDelerium(デレリウム)と比較されることの多いBlligomingo。Delerium(デレリウム)とは仕事の関係上近い存在らしい。 Enigma(エニグマ)...
Worldbeat

Dead Can Dance / A Passage In Timeの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム 宗教的な雰囲気も漂うため、系統的にEnigmaやDeleriumと同系列に見られることもあるが、音楽性はDead Can Danceの方が遥かに優れていると思う。ただ、この退廃的な音楽に嫌気を感じなければの話しである。...
Worldbeat

Sacred Spirit / Chants and dances of the native Americansの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム ジャケットと題名からも分かるように、ネイティブ・アメリカンをモチーフにしたアルバムである。 ネイティブ・アメリカンとクラブミュージックを融合させた感じといえる。 アルバムコンセプトがハッキリしており...
Chill Out と Lounge

Nitin Sawhney / Beyond Skinの鑑賞録(曲目と感想と紹介を添えて)(超超おススメアルバム)

このアルバム このアルバムがリリースされたときは話題を独占した。ジャケットを含めて、アルバム全体が一つの詩となっている一枚。間違いなく、傑作アルバム!!! インドでの核実験を背景として、イギリス国内のインド系イギリス人への風当...
タイトルとURLをコピーしました