キネマ旬報ベストワン読者

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「ユージュアル・サスペクツ」(1995年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

ミステリー映画の傑作のひとつだと思う。最後5分のネタバラシとドンデン返し。これほど鮮やかなシナリオはそうそうない。回想によって物語が展開していき、さまざまな伏線が張られ、緻密に積み上げられていくシナリオ。

02. ファンタジー

映画「風の谷のナウシカ」(1984年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

この作品は何度見ても面白い。宮崎駿の初期の映画として「ルパン三世 カリオストロの城」とともに、何度見ても飽きない作品である。

03. ミステリー,サスペンスなど

映画「スティング」(1973年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

どんでん返しモノの名作。とても小気味いい映画である。主題歌の「ジ・エンターテイナー」も有名で、一度は耳にしたことがあるはずである。もともともはスコット・ジョプリンの曲を30年代に編曲した曲。

スポンサーリンク
02. ファンタジー

映画「もののけ姫」(1997年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

「風の谷のナウシカ」が西洋的な文明をモチーフにしているとすると、本作は日本を舞台にして同じようなテーマを扱っている。人間と自然の関係、人間同士の争い・権力欲、自然との共生と近代化...。

07. ファミリー,ドラマ

映画「おくりびと」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

静謐(せいひつ)という言葉がある。一般的には、おだやかで、しずかで、物音がしない様子をいうが、心の静けさ、気持ちの安定、落ち着き、穏やかさ、心地よさといった心の平安を意味する言葉

01. 歴史映画やスペクタクル映画

映画「戦場のメリークリスマス」(1983年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

映画そのものよりも、今となってはテーマ曲の方が有名になってしまっている作品。だが、このテーマ曲もこの映画があればこそであり、映画と音楽がそれぞれのイメージを相乗的に押し上げた結果であろうと思う。

1) 最高

映画「スタンド・バイ・ミー」(1986年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

少年期を描ききった、傑作作品であり「人生において二度観る映画」と称されるくらいである。一度目は少年時代に、二度目は大人になってから、ということである。

04. SF,IF戦記,スチームパンク,レトロフューチャー

映画「スター・ウォーズ4 新たなる希望」(1977年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画)

9作品の構想で練られたという大河ドラマであり、1977年から続く本作を含む最初の三部作はその真ん中(第4話~第6話)を映画化したもの。

06. アドベンチャー

映画「インディ・ジョーンズ1/レイダース-失われた聖櫃(アーク)」(1981年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

神秘的な力を宿しているといわれる、モーセの「十戒」の石板を納めた聖櫃をめぐって、ナチスと考古学者インディアナ・ジョーンズが対立する冒険アクション。

07. ファミリー,ドラマ

映画「フラガール」(2006年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)

常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の実話を映画化。この映画はTV局や出版社が主体となって製作された映画ではない。が、知っての通り、各賞を総なめにした。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました