品川神社の参拝録(東京都品川区)源頼朝が勧請したという神社で昔はこの近くまで海だったのだろう[東京十社]

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

源頼朝ゆかりの品川神社

後鳥羽天皇の御世、文治三年(1187年)に、源頼朝が海上交通安全と、祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である、天比理乃命(あめのひりのめのみこと)を勧請した神社とされています。

元応元年(1319年)に二階堂道蘊が「宇賀之売命」(うかのめのみこと)を、文明十年(1478年)に太田道灌が「素戔嗚尊」(すさのおのみこと)を祀りました。

慶長五年(1600年)には、徳川家康が関ヶ原の戦いへ出陣の際に戦勝を祈願しています。

本殿には、東海七福神の大黒天が祀られています。

神社の裏に板垣退助の墓があります。

  • 北の天王祭(東京都品川区北品川) – 品川神社例大祭
  • 南の天王祭(かっぱ祭り、東京都品川区北品川) – 荏原神社例大祭

東京十社(准勅祭社)の一社

主祭神:天比理乃咩命、素盞嗚尊、宇賀之売命

映画に登場

2016年の映画「シン・ゴジラ」に登場しました。

浅間神社

浅間神社のほとんどは富士山に対する信仰(富士信仰、特に浅間信仰)の神社です。

富士山本宮浅間大社が全国に約1,300社ある浅間神社の総本社です。

品川神社富士塚があるので、富士山に対する信仰。

主祭神:木花咲耶姫命

御嶽神社

御嶽神社(みたけじんじゃ)は、蔵王権現を祭った神社です。

金峰神社・金峯神社(きんぶ、きんぷ、きんぽう、みたけ)ともいいます。

総本社は吉野金峰山寺の蔵王権現堂。

祭神:国常立尊、大己貴命、少彦名命

スポンサーリンク

阿那稲荷神社

あまり知られていないですが、阿那稲荷神社の参拝録(東京都品川区)あまり知られていない品川神社内のパワースポット「一粒萬倍の泉」で金運アップ!

金アップの泉

阿那稲荷神社は品川神社の境内内にあります。奥の方です。

「一粒萬倍(いちりゅうまんばい)の泉」の霊泉があります。もちろん「五円(ご縁)」にかけました。

祀られているのは、宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)で、商売繁盛、五穀豊穣をつかさどる、「天の恵みの霊」が祀られています。

万物は天・地・水の恵みを受けて生成化育し、米は一粒の種より萬倍の稲穂となる。

当稲荷社は上社が「天の恵みの霊」を、下社が「地の恵みの霊」と「霊泉」をお祀りする。
家門、家業の繁栄を祈り、印鑑、銭に、この霊水を注ぐが吉。

また、持ち帰りて、家、店の入り口、四隅に注ぎ、清く明るき心をもって暮らし、商売するが吉。

注ぎし銭の一部は、門前の商家にて使用するが吉

鎌倉の銭洗弁天と同じ感じです。

祭神:宇迦之御魂神

スポンサーリンク

品川神社の地図

板垣退助の墓

品川神社の裏にひっそりと取り残されており、何とかしたらと思ってしまう状況です。

一番奥の石碑に彫り込まれた「板垣死すとも自由は死せず」の文字があります。

品川神社内(元高源院墓地)にあります。

元は東海寺塔頭だった高源院(こうげんいん)の墓地にありましたが、関東大震災のあと、高源院が世田谷区に移転した時に、墓だけがここに残りました。

つまり、品川神社とは関係ないのですが、品川神社を通らないとたどり着けなくなりました。

墓は夫人の墓と並んで建っています。

地図

タイトルとURLをコピーしました