東洋が舞台

作家あ行

井上靖の「楼蘭」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 西域ものが中心となっている短編集です。 「楼蘭」は1900年にスウェーデンの冒険家スウェン・ヘディンの「さまよえる湖」からヒントを得た題材です。 楼蘭はスウェン・ヘディンによって発見された都...
3) かなり面白い

井上靖の「敦煌」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

敦煌が脚光を浴びるのは、20世紀になってからである。特に注目を浴びたのは、敦煌の石窟から発見された仏典である。全部で4万点。

2) 超面白い

海音寺潮五郎の「孫子」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

兵法書の「孫子」を解説しているわけではない。あくまでも「孫子」と呼ばれた二人の人物、孫武(そんぶ)と孫臏(そんぴん)を主人公にした小説である。
作家さ行

堺屋太一の紹介と作品・著書

略歴 (1935-2019)堺屋太一(さかいや たいち)。通産官僚、作家、評論家。大阪出身。本名は池口小太郎。 ペンネームの堺屋は、先祖が大阪府堺市から谷町筋に移住し、屋号とした商店に由来しています。 1998年7月から...
タイトルとURLをコピーしました