山本周五郎

山本周五郎の紹介と作品・著書

略歴

(1903 -1967)
山本周五郎。小説家。本名は清水三十六(さとむ)。
山梨県北都留郡初狩村(現・山梨県大月市初狩町下初狩)出身。旧制横浜第一中学校(現神奈川県立希望ヶ丘高等学校)中退後、質屋に住み込みながら、正則英語学校(現在の正則学園高等学校)を卒業。
質屋の名前が山本周五郎質店であった。これが筆名となる。
出世作となった「須磨寺附近」を発表する際に、住所として書いた「山本周五郎方清水三十六」とあったのを、文藝春秋社が誤って山本周五郎を作者名と発表した、一種の珍事による。
他のペンネームに、俵屋宗八、横西五郎、清水清、清水きよし、土生清三、佐野喬吉、仁木繁吉、平田晴人、覆面作家、風々亭一迷、黒林騎士、折箸闌亭、酒井松花亭、参々亭五猿がある。
「日本婦道記」で第17回直木三十五賞に推されるも辞退。直木三十五賞史上唯一の辞退者である。
代表作に「さぶ」、「赤ひげ診療譚」、「樅ノ木は残った」、「虚空遍歴」、「ながい坂」などがある。
死後、功績をたたえて、山本周五郎賞がつくられた。
1926年「須磨寺附近」で第1回文藝春秋懸賞小説。
1943年「日本婦道記」で第17回直木三十五賞に推薦されるも辞退。
1959年「樅ノ木は残った」で第13回毎日出版文化賞。

映画化された作品

1999年「おごそかな渇き」を原作として映画化された。
映画「雨あがる」の紹介

作品一覧

私が把握している山本周五郎の作品一覧です。
注1)作品によってはダブっているもの(出版社の変更にともなう題名の変更など)もあるとは思いますが、確認が取れたものから順次修正を加えてゆく予定です。
注2)漏れている作品もあるとは思いますがご容赦下さい。なお、漏れている作品についてご教示頂けるとと幸いです。

  • あとのない仮名
  • あんちゃん
  • おごそかな渇き
  • おさん
  • さぶ
  • ちいさこべ
  • つゆのひぬま
  • ながい坂
  • ならぬ堪忍
  • ひとごろし
  • やぶからし
  • 一人ならじ
  • 雨のみちのく・独居のたのしみ
  • 雨の山吹
  • 栄花物語
  • 艶書
  • 火の杯
  • 花も刀も
  • 花杖記
  • 花匂う
  • 楽天旅日記
  • 季節のない街
  • 菊月夜
  • 泣き言はいわない
  • 虚空遍歴
  • 月の松山
  • 五弁の椿
  • 山彦乙女
  • 四日のあやめ
  • 酒みずく・語る事なし
  • 小説の効用・青べか日記
  • 小説日本婦道記
  • 松風の門
  • 寝ぼけ署長
  • 新潮記
  • 深川安楽亭
  • 人情武士道
  • 人情裏長屋
  • 酔いどれ次郎八
  • 正雪記
  • 生きている源八
  • 青べか物語
  • 赤ひげ診療譚
  • 扇野
  • 大炊介始末
  • 朝顔草紙
  • 町奉行日記
  • 天地静大
  • 怒らぬ慶之助
  • 日日平安
  • 髪かざり
  • 彦左衛門外記
  • 風雲海南記
  • 風流太平記
  • 明和絵暦
  • 夜明けの辻
  • 柳橋物語・むかしも今も
  • 与之助の花
  • 樅ノ木は残った
  • 江戸市井図絵

紹介している作品

作家や・ら・わ行

山本周五郎の「花匂う」を読んだ感想とあらすじ

短編集。最後の二編は現代物。「出来ていた青」は推理小説、「酒・盃・徳利」はエッセイというか小説というか、その融合的なものである。また、本書に収録されている作品はその書かれた年代にばらつきがある。
3) かなり面白い

山本周五郎の「正雪記」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 慶安四年(一六五一)に由井正雪の乱ともいわれる慶安の変を起こし駿府にて自害した由井正雪を主人公とした小説。 駿府に生まれ、紺屋のせがれという説もあるが、はっきりとしたことは分かっておらず、事件以前...
3) かなり面白い

山本周五郎の「赤ひげ診療譚」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

新出去定という医者は、その使命感や考え方のみならず、全体としての個性が強烈である。その新出去定がいう言葉に次のようなことがある。
3) かなり面白い

山本周五郎の「五弁の椿」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 復讐劇が続くだけの小説かと思っていたが、第四話で同心の青木千之助が登場してから少し捕物の要素が出てくる。だが、形式的にはそうなのだが、捕物帖でも、復讐劇でもない。 この小説の主題は次の言葉で言い表...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました