笹沢左保

笹沢左保の紹介と作品・著書

略歴

(1930 - 2002)
笹沢左保(初期には「佐保」表記の場合もあった)。小説家。詩人笹沢美明の三男。神奈川県横浜市生まれ。
関東学院高等部卒業。1952年から1960年まで郵政省簡易保険局に勤務。
1960年「招かれざる客」が第5回江戸川乱歩賞次席となり、本格的な小説家デビュー。
1970年からはじまったテレビドラマ「木枯し紋次郎」シリーズの原作者として知られる。
1960年「人喰い」で第14回日本探偵作家クラブ賞
1999年第3回日本ミステリー文学大賞

紹介している作品

4) 面白い

笹沢左保の「浅井長政の決断 賢愚の岐路」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「華麗なる地平線」改題。 浅井長政を描いた作品である。 もともとの題名「華麗なる地平線」は浅井長政の祖父・浅井亮政が死の間際に見た夢から来ている。 亮政の夢に竜が出てくる。この竜は浅井...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました