明治時代初期

作家さ行

佐藤雅美の「官僚川路聖謨の生涯」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「開国 愚直の宰相堀田正睦」と対になるもの。 時代は「開国 愚直の宰相堀田正睦」より先んじた所から始まる。激動の時代が幕開け、否応なく幕府は外国の使節との交渉を迫られることになる。 この交渉...
作家さ行

佐藤雅美の「開国-愚直の宰相・堀田正睦」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 佐藤雅美の出発点となる作品です。 この作品の通貨に関する部分を抜き出して出版されたのが「大君の通貨」です。 また「官僚川路聖謨の生涯」は本書と対になるものです。 本書が、幕府の実質トッ...
作家さ行

佐藤雅美の「大君の通貨-幕末「円ドル」戦争」を読んだ感想とあらすじ

徳川幕府の崩壊は、幕末の薩長の活躍があまりにクローズアップされているので、それがために徳川幕府が崩壊したと理解している人も多いと思うが、本書を読めば、半分は自滅したことが分かると思う。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました