戦国時代

歴史上の人物

立花宗茂:秀吉から忠義も剛勇も鎮西一と称えられた武将

立花宗茂(たちばな・むねしげ)略歴 永禄11年(1568)~寛永19年(1642)。74才。安土桃山時代から江戸時代前期の大名。 初名は宗虎、その後、統虎、鎮虎、正成、俊正、経正。剃髪後、立斎と号した。 筑前岩屋城主・高...
歴史上の人物

高橋紹運:雷神・立花道雪と並んで風神と称された武将

高橋紹運(たかはし・じょううん)略歴 天文17年(1548)~天正14年(1586)。39歳。戦国時代の武将。 名は鎮種(しげたね)。通称は孫七郎、官途は主膳正。入道して紹運。三河守。大友氏の年寄・吉弘鑑理(よしひろ・あきただ...
歴史上の人物

立花道雪:鬼道雪と呼ばれた大友家の軍神

立花道雪(たちばな・どうせつ)略歴 永正13年(1516)~天正13年(1585)。70歳。戦国時代の武将。 立花道雪で知られるが、生涯で立花姓を使ったことはない。戸次鑑連(べっき・あきつら)。幼名は八幡丸。号は道雪。戸次親家...
歴史上の人物

剣聖・塚原卜伝:生涯負けを知らなかった鹿島新当流の祖

塚原卜伝(1489-1571)は戦国時代の剣豪、兵法家。剣聖と呼ばれる。鹿島新当流(新当流、卜伝流、墳原(つかはら)卜伝流など)の始祖。卜伝の伝記は巷説が多く、生没年に諸説あることからも明らかでない。

歴史上の人物

丸目蔵人佐長恵「タイ捨流」を興した上泉信綱の四天王と呼ばれた九州の剣術家

丸目蔵人佐長恵(まるめ・くらんどのすけ・ながよし)はタイ捨(たいしゃ)流の創始者として知られる。通称は蔵人佐(くらんどのすけ)、または石見守。丸目蔵人(まるめ・くらんど)の名で広く知られる。本姓は藤原。号は徹斎。晩年は剃髪して石見入道徹斎を名乗った。
歴史上の人物

上泉伊勢守信綱「剣聖」新陰流を興した関東(上野国)の武人

「剣聖」と呼ばれる関東の武人・上泉伊勢守信綱。新陰流の祖。読みは「かみいずみ」または「こういずみ」。居城のあった前橋市上泉町は「かみいずみ」。「言継卿記」には大胡武蔵守または上泉武蔵守信綱で出ている。

3) かなり面白い

池宮彰一郎の「本能寺」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 織田信長の解釈が面白いし、なるほどと思ってしまう。話は織田信長と明智光秀、木下藤吉郎を中心に語られていく。 「信長ほど、裏切られ背かれた者は他に例を見ない。なぜ背かれるのか、その理由は彼の躍進にあ...
歴史学雑記

大河ドラマ「真田丸」の感想(主人公:真田幸村)

第1回 船出 見続けるかどうかはともかくとして、久しぶりに大河ドラマを見た。 1582年、真田幸村(真田源二郎信繁)15歳。 真田家が仕える武田家が織田家に滅ぼされようとしているときだった。父・真田昌幸、兄・真田源三郎信...
作家か行

北沢秋の「哄う合戦屋」を読んだ感想とあらすじ

信濃を舞台にして、天才軍略家の悲哀を描いている。南は武田晴信。北は村上義清、そして背後に長尾景虎。目の前には小笠原長時。そうした勢力図の中、天才軍略家・石堂一徹が使えることにしたのは、内政に長けている遠藤吉弘。
作家な行

永岡慶之助の「伊達政宗」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 伊達政宗の生涯を描いた作品。 上巻は政宗が家督を相続する時期から、秀吉に屈服するまでの期間を描いている。 伊達政宗といえば、戦上手というイメージがあるかもしれないが、戦以上に上手かったのが謀...
作家た行

田渕久美子の「江 姫たちの戦国」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 2011年NHK大河ドラマ原作。 二代目将軍・徳川秀忠の正室であり、三代目将軍・家光の母、浅井長政の三女、織田信長の姪である、江(ごう)を主人公としている。 戦乱の時代から平和の時代へ移り変...
3) かなり面白い

山田風太郎の「甲賀忍法帖」を読んだ感想とあらすじ

甲賀と伊賀の四百年にわたる宿命の対決が、二人の男女によって終焉を迎えようとしていたまさにその時、戒めが解かれ、両者の忍法対決が始まろうとしていた。戒めが解かれたのは、勝った方に賭けたものを三代将軍にすると大御所・家康が決めたからであった…。

作家あ行

赤瀬川隼の「王国燃ゆ 小説 大友宗麟」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 九州のキリシタン大名・大友宗麟の人生を描いた小説です。 戦国時代、多くのキリシタン大名がいましたが、その多くは南蛮文化や貿易で得られる富を求めての俄かキリシタンでした。 宗麟もそうしたところ...
作家な行

西津弘美の「高橋紹運 戦国挽歌」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 高橋紹運(たかはしじょううん)。立花宗茂の父である。 大友家末期、大友宗麟が豊臣秀吉に泣きついて軍勢を出してもらい、それが到着するまで、島津家を食い止めたのが、高橋紹運・立花宗茂親子であった。 ...
作家あ行

遠藤周作の「王の挽歌」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 九州を代表する戦国大名の一人、大友宗麟の生涯を描いた小説。大友宗麟はキリシタン大名としても知られ、遠藤周作氏らしい題材ともいえます。 小説は、大友宗麟の内面の葛藤に焦点を当てて進められていきます。...
作家か行

加藤廣の「信長の棺」を読んだ感想とあらすじ

本能寺三部作。他は「秀吉の伽」「明智左馬助の恋」である。本能寺で死んだ織田信長は、明智光秀の必死の捜索にもかかわらず、遺骸がとうとう出てこなかった。そのため昔から色んな説がでた。
作家ま行

村上元三の「戦国風流 前田慶次郎」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 前田慶次郎利太。利益ともいう。一次史料が少ないため、わからない点が多い人物である。 前田利家の甥であるが、滝川家の血が流れている。本書では滝川左近将監一益の子という設定である。 「穀蔵院飄戸...
作家か行

海道龍一朗の「北條龍虎伝」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「後北條龍虎伝」改題。惜しい作品。 「河越夜戦」もしくは「河越城の戦い」として知られる合戦に至るまでの北條氏綱・北條氏康親子と北條綱成を描いている。 河越夜戦は厳島の戦いや桶狭間の戦いととも...
歴史学雑記

大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」(主人公:江(ごう))

2011年第50回NHK大河ドラマは? 相当気の早い話だが、2011年は大河ドラマで誰を主人公にするのか予想してみたい。 2011年は大河ドラマ第50回という記念の年となるので、記念の大河らしい歴史上の大物を主人公に選ぶであろ...
作家さ行

鈴木由紀子の「花に背いて 直江兼続とその妻」を読んだ感想とあらすじ

小説としてはたいして面白くないが、直江兼続とお船の業績を知るのには手頃な本だろう。特に晩年のお船まで描いているのは他にないのではないだろうか。
タイトルとURLをコピーしました