小松和彦

作家か行

小松和彦「異界と日本人」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 日本における「異界」を論じた本です。 異界はあらゆるところにあります。そして、そこに妖怪が出没するのです。 鬼は山や門、橋などに出没します。河童は水辺に出没します。 山や門、橋、水辺な...
作家か行

小松和彦「呪いと日本人」の読書備忘録(要約と紹介と感想と)

呪いを紐解く概説書ですが、ここでは歴史の中における呪いに関する記述をまとめてみました。
作家か行

小松和彦「鬼と日本人」の読書備忘録(要約と紹介と感想と)

鬼とは何か 一般的に、「オニ」は「穏(おん)」つまりは隠れていて見えない神霊であり、死霊を意味する中国の漢字「鬼」と結びついて重ね合わさった概念である、と説かれます。これは「鬼」の語源であり、「鬼」の多様化した概念を適切に表...
Lounge Cafeをフォローする
タイトルとURLをコピーしました