寛政の遺老

3) かなり面白い

井上靖の「おろしや国酔夢譚」を読んだ感想とあらすじ(映画の原作)

覚書/感想/コメント 「序章」で大黒屋光太夫ら伊勢漂民以外のロシアに漂着した漂民を簡単に書いています。 それらの漂民は日本に帰ることはかないませんでした。ですが、この小説の主人公大黒屋光太夫は日本に帰ることを得たのです...
タイトルとURLをコピーしました