坂の上の雲

歴史学雑記

スペシャル大河ドラマ「坂の上の雲」の感想

第1回 いよいよ始まった。 原作がしっかりしていることもあり、期待通りの第1回であった。 「坂の上の雲」という題名は「あとがき」書かれている。 『のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲がかがやいているとすれば...
1) 最高

司馬遼太郎「坂の上の雲」第8巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

「皇国の興廃、此の一戦に在り。各員一層奮励努力せよ。」海戦が始まる直前に掲げられたZ旗(ゼットき)の信号文に書かれていた文言である。
1) 最高

司馬遼太郎「坂の上の雲」第7巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

ここに至るまでの間、ロシア陸海軍のお粗末な指揮の様子というのは連綿と語られてきている。このロシア陸海軍を二人の人間によって代表させてきている。陸軍はクロパトキンであり、海軍はロジェストウェンスキーである。
1) 最高

司馬遼太郎「坂の上の雲」第6巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

「坂の上の雲」の中で唯一これまでと角度が異なるのが「大諜報」である。ロシア革命に至るまでに、その活動団体を支援しつづけた日本の明石元二郎大佐の活動を描いている。
1) 最高

司馬遼太郎「坂の上の雲」第5巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

ここでは思考の硬直性というのがいかに恐いかを知らされる。それが人命を預かる立場にあるものを襲った時の悲惨というものが、どのような結果として表現されるかをまざまざと見せつけられる。
1) 最高

司馬遼太郎「坂の上の雲」第4巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

この巻ではひたすら旅順攻略に苦しむ日本軍の姿が描かれ、司馬遼太郎氏はその苦戦の原因を一人の人物に絞って、何度も何度も口のかぎり罵倒している。
1) 最高

司馬遼太郎「坂の上の雲」第3巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

文庫第三巻。この巻で、正岡子規が死ぬ。そして、話は日露戦争へと進んでいく。この巻から先に関しては、どう読むかによってだいぶ印象が異なって来るであろう。
1) 最高

司馬遼太郎「坂の上の雲」第2巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

「坂の上の雲」という題名であるが、「あとがき」こう書かれている。『のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲がかがやいているとすれば、それをのみみつめて坂をのぼってゆくであろう。』
1) 最高

司馬遼太郎「坂の上の雲」第1巻を読んだ感想とあらすじ(最高に面白い!)

『まことに小さな国が、開花期をむかえようとしている。』で始まる「坂の上の雲」は、日本の近代化初期の明治を舞台にしている。『この物語の主人公は、あるいはこの時代の小さな日本ということになるかもしれないが、ともかくもわれわれは三人の人物のあとを追わねばならない。』
タイトルとURLをコピーしました