テーマ:室町時代(戦国時代)

この記事は約4分で読めます。

戦国大名の登場

戦国大名のさきがけとなったのは伊勢宗瑞(北条早雲)でした。

15世紀前半の永享の乱により衰えた鎌倉公方が、下総の古河公方と伊豆の堀越公方に分裂します。

京都から下ってきた早雲は混乱に乗じ、15世紀末に堀越公方をほろぼして伊豆を奪います。その後、相模に進出し、小田原を本拠(小田原城)としました。子孫は関東の大半を支配する大名になりました。

16世紀半ば、越後では守護・上杉氏の守護代・長尾景虎が主家の上杉氏を継ぎ、上杉謙信と名乗りました。甲斐を統一して信濃に領域を伸ばした武田晴信(信玄)としばしば衝突します。

戦国大名のうち、守護大名が国人や守護代をおさえて戦国大名に成長したのは、少数に限られ、東国では武田、今川、九州の大友、島津などでした。

分国支配

戦国大名の領国を分国と呼びます。分国統治の第一目標は富国強兵です。

大河川の治水、灌漑事業によって、平野部の開拓、農業生産の安定と増大を図りました。

産業の開発にも努力し、金・銀などの鉱山開発、綿花栽培をこころみた大名もいました。

分国経済の中心として城下町を整備し、道路の整備により宿駅・伝馬制度をととのえ、関所を撤廃します。

国内のすべての武士を家臣団に編入する強兵策にも取り組みます。しかし、惣村や荘園制度と結びついていた武士の家臣団への編入は容易くはありませんでした。そのため、惣村の直接支配と、荘園の解体を目指します。

家臣の知行地は、年貢を銭に換算した貫高で表示し、貫高制により軍役賦課の基準とします。

新しい家臣を有力家臣にあずける寄親・寄子制度によって戦力を強めます。

領内の把握のために検地を実施します。

戦国大名によって社会の構造が根本的に変えられていきました。

領内統制のため、独自の分国法(家法)を定めました。家臣団統制と農民統制から成るものでした。

分国法には近江の六角氏や肥後の相良氏のように、大名と家臣の協約によって定められたものもありました。

一向一揆

北条早雲の伊豆進出のころ、加賀では守護大名が浄土真宗(一向宗)による一向一揆によって倒されました。

加賀の一向一揆の基礎を作ったのは蓮如でした。蓮如は惣村をそのまま宗教組織の講に編成したり、御文(やさしい文章の手紙)によって念仏を広めました。

教えは近江から北陸へ広がり、各地に本願寺派の拠点ができます。

長享2(1488)年、加賀の一向一揆が守護・富樫氏を倒し、約100年にわたって合議に基づく一国の支配を行いました。

一向宗は惣村の形成が進んだ東海、近畿にも広がります。

近畿地方では、石山本願寺の指令によって一向一揆をおこし、大名と争うようになります。

京と町衆

庶民に受け入れられた日蓮宗(法華宗)は15世紀に日親が京都で布教を進めた結果、商人層に広まります。

応仁の乱で焼け野原となった京都の復興を担った町衆の中心が、日蓮宗徒の商人でした。

町衆は町組をつくり、自治組織の単位として町掟を定め、指導者としての月行事を選び、自治運営を行いました。

幕府や管領の細川氏と対抗し、周辺の土一揆から町を自衛し、一向一揆には法華一揆をおこして対抗しました。

京都の庶民文化は町衆によって担われました。祇園祭も、町ごとに山鉾をつくって参加する祭りとしてこの頃に復興します。

都市の自治

各地で自治組織を持った都市が生まれます。

  • 産業や交通の発展により生まれた伊勢の桑名や安濃津などのような港町、宿場町
  • 寺社巡礼の流行によってうまれた、宇治、山田のような門前町

これらの町民は自由な取引を主張します。

一向宗門徒が中心となった寺内町でも、堀をめぐらし、職人や商人が住んで自治的運営を行いました。

貿易の要衝であった堺や博多では、商人がそれぞれ細川氏や大内氏と手を組んで日明貿易を行いました。

堺では会合衆、博多では年行司が中心となって自治市政を行います。

こうした都市の自治組織も戦国大名との対立の中で崩れていきます。

戦国大名が城下町を建設し、分国の経済を整備するにつれ、経済統制の必要から都市に認めていた自由な取引の特権を否定していきます。

参考文献

テーマ別日本史

  1. 縄文時代と弥生時代
  2. 古墳時代から大和王権の成立まで
  3. 飛鳥時代(大化の改新から壬申の乱)
  4. 飛鳥時代(律令国家の形成と白鳳文化)
  5. 奈良時代(平城京遷都から遣唐使、天平文化)
  6. 平安時代(平安遷都、弘仁・貞観文化)
  7. 平安時代(藤原氏の台頭、承平・天慶の乱、摂関政治、国風文化)
  8. 平安時代(荘園と武士団、院政と平氏政権)
  9. 平安時代末期から鎌倉時代初期(幕府成立前夜)
  10. 鎌倉時代(北条氏の台頭から承久の乱、執権政治確立まで)
  11. 鎌倉時代(惣領制の成立)
  12. 鎌倉時代(鎌倉文化)
  13. 鎌倉時代(蒙古襲来)
  14. 鎌倉時代~南北朝時代(鎌倉幕府の滅亡)
  15. 室町時代(室町幕府と勘合貿易)
  16. 室町時代(下剋上の社会)
  17. 室町時代(東山文化)
  18. 室町時代(戦国時代) 本ページ
  19. 安土桃山時代
  20. 江戸時代(幕府開設時期)
  21. 江戸時代(幕府の安定時代)
  22. 江戸時代(幕藩体制の動揺)
  23. 江戸時代(化政文化)
  24. 江戸時代(幕末)
  25. 明治時代(明治維新)
タイトルとURLをコピーしました