臨済宗の開祖・栄西と建仁寺の参拝録(京都府京都市)風神雷神図のある禅寺

この記事は約10分で読めます。

花見小路

観光的な祇園のたたずまいが残るエリア。この先に建仁寺がある。

観光客で溢れるお茶屋街を歩いていくと、突き当たりに建仁寺の裏門にぶつかる。

建仁寺(けんにんじ)

「けんねんさん」の名で親しまれている。「けんねんじ」「けんねじ」とも言う。

八坂神社を参拝して、祇園白川を見学したあとに、安井金毘羅神社を参拝する途中に立ち寄った。

花見小路から来たので、裏門から境内に入った。

本当は八坂通りにある勅使門を見て、方丈池、三門、法堂、方丈と南北に並ぶラインを体感し、東西の塔頭を体感するのがいい。

日本に臨済宗を伝えた栄西が開いた禅寺。

禅寺らしく静かだった。ちょっと外を歩けば、観光客の人だかりだが、境内には人が押し寄せていない。いっときでも喧騒から避けられるはありがたい。

戦国時代好きであれば、毛利家の安国寺恵瓊の墓がある寺といえば心躍るだろう。墓のことを知らなかった自分は、後になってそれを知り、ガッツリ凹んだ。

臨済宗建仁寺派大本山の寺院。山号は東山(とうざん)。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は源頼家、開山は栄西である。

豊臣秀吉を祀る高台寺や、「八坂の塔」のある法観寺は建仁寺の末寺。

京都五山

京都五山の第3位。五山制度は臨済宗における制度で、鎌倉時代に始まり、鎌倉の寺院を中心に成立した。京都でも同様に取り入れられた。京都五山は次の通り。

  • 別格 南禅寺
  • 第一位 天龍寺
  • 第二位 相国寺
  • 第三位 建仁寺
  • 第四位 東福寺
  • 第五位 万寿寺

文化財として、俵屋宗達の「風神雷神図」、海北友松の襖絵などが有名。

山内の塔頭としては、桃山時代の池泉回遊式庭園で有名。

貴重な古籍や、漢籍・朝鮮本などの文化財も多数所蔵していることで知られる。

明治時代の廃仏毀釈により多くの塔頭が失われ、現在は14院が残るのみ。廃仏毀釈により、全国の歴史的遺産がどれだけ失われたかわからない。壊滅的に失われた地域もある。また、約1400年かけて培われた日本の宗教観が根本的に変わることになり、その影響は今日に至っており影響度は極めて大きい。その功罪は今後の歴史学の中で語られていくことになるだろうが、失われた歴史的遺産が戻ることはない。

廃仏毀釈については安丸良夫「神々の明治維新―神仏分離と廃仏毀釈―」に詳しい。

なお、日本最初の禅寺は博多の聖福寺。

建仁2年(1202)に源頼家の帰依によって栄西が創建した禅寺。京都で一番古い禅寺となる。

中国の百丈山を模した伽藍は3年後の元久2年(1205)に竣工する。同時に官寺と認められる。

建仁寺は建仁2年(1202年)将軍源頼家が寺域を寄進し栄西禅師を開山として宋国百丈山を模して建立されました。元号を寺号とし、山号を東山(とうざん)と称します。
創建時は真言・止観の二院を構え天台・密教・禅の三宗兼学の道場として当時の情勢に対応していました。
その後、寛元・康元年間の火災等で境内は荒廃するも、正嘉元年(1258年)東福寺開山円爾弁円(えんにべんえん)が当山に入寺し境内を復興、禅も盛んとなりました。
正元元年(1259年)宋の禅僧、建長寺開山蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が入寺してからは禅の作法、規矩(禅院の規則)が厳格に行われ純粋に禅の道場となりました。
やがて室町幕府により中国の制度にならった京都五山が制定され、その第三位として厚い保護を受け大いに栄えますが、戦乱と幕府の衰退により再び荒廃します。
ようやく天正年間(1573-1592年)に安国寺恵瓊(あんこくじえけい)が方丈や仏殿を移築しその復興が始まり、徳川幕府の保護のもと堂塔が再建修築され制度や学問が整備されます。
明治に入り政府の宗教政策等により臨済宗建仁寺派としての分派独立、建仁寺はその大本山となります。
また廃仏毀釈、神仏分離の法難により塔頭の統廃合が行われ、余った土地を政府に上納、境内が半分近く縮小され現在にいたります

https://www.kenninji.jp/about/

建仁寺の概要

概要
項目内容
山号千光山
院号
正式名東山 建仁禅寺
開基建仁2年(1202年) 源頼家、栄西(開山)
宗派臨済宗建仁寺派
本尊釈迦如来
別称
備考寺格:大本山、京都五山三位

公式ページ

建仁寺 The Oldest Zen Temple Kenninji
建仁寺は臨済宗建仁寺派の大本山で、建仁2年に開創しました。開山は栄西禅師、開基は源頼家です。坐禅体験、写経体験受け付けております。

文化財

風神雷神図(国宝)

俵屋宗達筆。有名な絵で、雷神と風神といえば、この絵であろう。原本は京都国立博物館に寄託されている。寺には複製の屏風および陶板がある。

雲竜図(重要文化財)

山水図

琴棋書画図

栄西

栄西は平安時代の後期の永治元年(1141年)に備中国(岡山県)に生まれ、13歳で比叡山に入り、翌年出家した。初め密教を学んだが、仁安3年(1168年)と文治3年(1187年)の2回、南宋に渡航した。2度目の渡宋で臨済宗黄龍派(おうりょうは)の虚庵懐敞(きあんえじょう)に禅を学んだ。

帰国に際して、茶種を持ち帰り、栽培方法と効用を広め、日本での茶祖となる。「喫茶養生記」が知られる。

建久2年(1191年)に虚庵から印可を得て帰国。帰国後、禅を広めようとしたが天台宗徒の反対にあったので、興禅護国論を著して天台側との融和を図ろうとした。

京都では禅寺を開くことは難しかった。比叡山延暦寺の力が強かったからである。そこで、栄西は九州の博多で聖福寺を建てた。これが、日本最初の禅寺となる。

栄西は鎌倉に移ったのち、北条政子の援助で鎌倉時代の正治2年(1200年)に寿福寺を建てる。寿福寺は鎌倉五山の第三位。

建仁2年(1202年)に鎌倉幕府2代将軍・源頼家の援助を得て建仁寺を建立する。鎌倉幕府から施入されたと伝えられる寺域は「五条以北、鴨川以東」とされ広大だった。

創建当時の建仁寺は天台、真言、禅の3宗並立だった。初めは真言院、止観院を置いた天台、真言、禅、さらには戒を兼修する寺であった。当時の京都では真言、天台の既存宗派の勢力が強大だったため、禅だけにはできなかったためである。栄西の弟子には退耕行勇、了然明全など傑出した禅僧が出たが、いずれも天台、真言を兼修する禅であった。

禅寺になるには半世紀以上待たねばならなかった。当初は天台宗の別院として位置づけられたが、正元元年(1259年)に宋僧の蘭渓道隆が11世住職として入寺すると禅寺としての性格が強くなる。深草天皇の諱「久仁」の仁字を避け「建寧寺」と号するようになった。

建武年間に五山となり、興国2年/暦応4年(1341年)に足利尊氏によって五山の第4位となり、元中3年/至徳3年(1386年)年に足利義満によって第3位となった。

南北朝時代以後、義堂周信、竜山徳見、江西龍派など五山文学に名を連ねる学僧たちが並び立った。五山文学の府として「建仁寺の学者面」といわれた。

建仁寺は、たびたびの火災で幾度となく堂宇を失ってきた。佐々木道誉が妙法院に火をかけた際には、その類焼で焼けた。応仁の乱によって荒廃し、天文21年(1552年)兵乱により堂宇を焼失した。

火災のため創建当時の建物は残っていない。正嘉2年(1258年)の火災では円爾弁円が復興した。文禄年間(1592年~1596年)に安国寺恵瓊が安芸の安国寺の方丈を移建し、鎌倉の東福寺の茶堂を移して本堂とした。

建仁寺に限らず、京都の有名な寺社は応仁の乱など数々の戦火に見舞われ、創建当時の建物が残っているところは少ない。

江戸時代には徳川幕府の五山派寺院に対する保護と統制を受け、諸堂の再建、修造が行われた。

天明8年(1788年)の禅宗済家五山建仁寺末寺帳によると、末寺の182寺を数えた。禅宗臨家五山建仁寺派下廃壊改派寺院牒には181寺を数える。

現在の方丈は他寺から移したもので室町時代のもの。勅使門は鎌倉末ころの唐様四脚門。

境内案内

本坊

方丈などを見るには本坊から入る。入館料がある。

潮音庭

方丈

重要文化財。室町時代の建物。安国寺恵瓊が慶長4年(1599年)に広島の安国寺から建仁寺に移築した。当初は杮葺だったが、1736年に瓦葺きになった。幾度か変えられ、2013年に杮葺になった。

各室の襖には海北友松の水墨障壁画があった。海北友松は桃山時代を代表する画家。現在は京都国立博物館に寄託されている。寄託するさいに襖から掛軸に改装された。

方丈の石庭(大雄苑)

白砂敷に砂紋が描かれている。

法堂

仏殿(本尊を安置する堂)と法堂(はっとう)を兼ねている。法堂は講堂にあたる。 明和2年(1765年)の建立。創建800年を記念して平成14年(2002年)に双龍の絵が天井に描かれた。

三門(望闕楼)

「望闕楼」(ぼうけつろう)の別称がある。浜名郡雄踏町(静岡県浜松市)の安寧寺から1923年に移築したもの。江戸時代末期の建築。

その他の施設

勅使門

重要文化財。寺の南側正面、八坂通りに面した四脚門。平教盛の館門(平重盛の館門とも)を応仁の乱後に移築したものと伝わる。勅使門は俗に「矢の根門」といわれ、平氏の六波羅邸の遺構とも伝わる。

東陽坊

千利休の高弟・真如堂東陽坊長盛が好んだと伝えられる茶室。大正年間に現在地に移築された。

浴室

1628年(寛永5年)三江紹益によって建立された。湯気で身体を温める蒸し風呂形式の明智風呂。現在のものは平成に入って再建されたもの。

開山堂

境内の北東にある。栄西の墓所。旧名を護国院、古くは興禅護国院と呼ばれていた。栄西の像を安置しており、堂の前の菩提樹は栄西が宋より帰国するとき持ち帰ったものといわれる。

明星殿(楽神廟、楽大明神)

吉備津神社の末社「楽の社」の神を、楽大明神として祀る。虚空蔵菩薩を本地仏とする。縁日は11月13日。

京都ゑびす神社(もとの鎮守社)

塔頭

正伝永源院(しょうでんえいげんいん)

建仁寺の真北に位置する境外塔頭。正伝院と永源庵は別個の塔頭寺院だった。

正伝院(しょうでんいん)

鎌倉時代の創建、開基は建仁寺第十二世義翁紹仁。祇園にあった。大坂冬の陣ののち織田有楽斎が元和4年(1618年)に復興した。

永源庵(えいげんあん)

南北朝時代の創建、開基は建仁寺第三十九世無涯仁浩。細川頼有がこの無涯仁浩を師とした。永源庵は和泉上守護家細川氏8代の菩提寺となる。細川頼有の系統から出た細川幽斎と細川三斎の父子を祖とする熊本藩主家細川氏の菩提寺の一つになる。

永源庵は明治初年には無住となっていたことから、廃仏毀釈ですぐに廃寺と決まった。ところが永源庵は建仁寺の真北に位置する境外塔頭だったため、建物そのものが直ちに破壊されなかった。廃仏毀釈を生き残った正伝院が永源庵の跡地に移転した。

正伝院は、細川侯爵家の菩提寺たる永源庵の名を絶やすには忍びないということで、寺名を旧両塔頭の名を合わせた正伝永源院と改めた。

常光院(じょうこういん)

温中宗純を開山とする。1604年(慶長9年)に豊臣秀吉の親族である木下家定が中興した。木下家定の墓所がある。

霊洞院(れいとういん)

建仁寺26世の慈照高山(法燈派)を追請開山とする塔頭。弟子の海雲禅慧らが創建した。現在は建仁寺の僧堂。僧堂とは専門道場のこと。

清住院(せいじゅういん)

蘭洲良芳の塔頭。蘭州は1378年(永和4年)に54世として建仁寺に住持した。足利義満からあつい信頼を受けた、五山文学僧である。

興雲庵(こううんあん)

陀枳尼尊天(だきにそんてん)が興雲庵の鎮守稲荷として祀られている。

禅居庵(ぜんきょあん)(京都市東山区)

開山は中国僧である大鑑禅師(清拙正澄 1274-1339)。境内の中には摩利支天堂がある。狛犬ではなく狛猪がある。開運や七難除けのご利益がある。

堆雲軒(たいうんけん)

1346年(正平1年)霊洞院の正中西堂禅師の建立による塔頭。

久昌院(きゅうしょういん)

建仁寺境内の西側に位置する。1608年(慶長13年)に奥平信昌が三江紹益を開基に迎えて創建した奥平家の菩提寺。

大統院(だいとういん)

建仁寺境内の南東の端に位置する。夢窓疎石の法嗣である、青山慈永(1302-1369)を開山として1352年に創建された寺院。

両足院(りょうそくいん)

もともとは知足院と言った。寮舎であった也足軒と合併し両足院となった。黒田長政にゆかりのある塔頭。鞍馬にあった毘沙門天像を兜の中に入れ、関ヶ原の戦いで活躍したと言われる。

西来院(せいらいいん)

開山は北条時頼の招聘で宋から来た蘭渓道隆(らんけい どうりゅう 1218-1278)。鎌倉の建長寺の開山となった名僧。日本で禅師号最初の禅僧。大覚禅師。

大中院(だいちゅういん)

建仁寺北門前の花見小路通の南端東側に位置している。大中院は東海竺源(1270-1344)が開基。

住所と地図

所在地: 〒605-0811 京都府京都市東山区小松町584

タイトルとURLをコピーしました