テーマ:室町時代(室町幕府と勘合貿易)

この記事は約7分で読めます。

足利義満の時代

14世紀末。3代目将軍の足利義満の時代に60年ほど続いた南北朝の動乱が終わります。

明徳3(1392)、南北朝を合体させ、守護大名を抑えて幕府の全国支配を完成させます。

幕府は京都の室町におかれ、邸宅には名花・名木が集められたため、花の御所と呼ばれました。

幕府は諸国の守護による領地支配を基礎にしていましたので、重視されたのは将軍と守護大名とを調整する管領でした。

室町時代の政治機構は将軍を足利氏が世襲で継いだ他は鎌倉幕府とほとんど同じです。

管領は足利一門の細川氏、斯波氏、畠山氏から選ばれ、三管領と言われます。

侍所の所司(=長官)には山名氏、赤松氏、一色氏、京極氏から選ばれ、四職と言われます。

三管領四職は将軍を補佐する存在で、執権のように将軍の代わりに政治を行うものではありませんでした。

守護の中には数か国の守護を兼ねる大名もおり、守護大名の実力のまえに、将軍は不安定な状態でした。

足利義満は朝廷や寺社勢力への支配を強めて太政大臣となり、朝廷が維持してきた京都の行政・裁判権などを手に収めました。

華やかな武家の王権により文化的統合が進められ、朝廷の諸権限を接収します。出家すると院政と同じような政治体制をしきました。

明との貿易に際して日本国王を称しましたため、皇位簒奪の意思があったと言われることがありますが、この説を支持する研究者はほとんどいません。

室町幕府の正当性は朝廷から征夷大将軍に任じられたことにあるためです。

明徳の乱で、六分一衆(殿)とも呼ばれた山名氏をたおし、応永の乱で、6か国を有した大内義弘をたおし、力と権威で守護大名の勢力を削りました。

鎌倉府と九州探題

鎌倉に鎌倉府、九州に九州探題を設置し、地方政治を治めさせました。他に奥州探題、羽州探題が置かれました。

鎌倉府は関東8か国に伊豆、甲斐を加えた10か国を統轄しました。

長は鎌倉公方と呼ばれ、足利尊氏の子・基氏の子孫が世襲します。補佐役の関東管領には上杉氏が就きました。

鎌倉府は独立色が強く、しばしば幕府と対立します。

幕府の財源

幕府の財源は、諸国に散らばる御料所(=直轄領)からの収入、守護・地頭への課税が基本でした。

他に段銭、棟別銭、関銭がありました。幕府は寺社造営・修理を理由にしばしば課税しました。

  • 段銭は田地1反単位
  • 棟別銭は1軒単位
  • 関銭は交通の要地におかれた関所の通行税

京都では高利貸業を営む土倉、酒屋から土倉役(倉役)、酒屋役を課し、日明貿易からも利益を得ていました。

倭寇と勘合貿易

蒙古襲来以降、日元両国の正式な国交はありませんでしたが、日元貿易は活発でした。

建長寺造営の費用のための建長寺船などが派遣され、足利尊氏も後醍醐天皇をとむらための天龍寺造営の天龍寺船を派遣しました。

大陸と沖縄の状況

14世紀後半、南北朝の動乱時期、中国では明が建国され、朝鮮半島では李氏朝鮮が建国します。

沖縄では15世紀前半に中山王国の尚氏が南山、中山、北山を統一して琉球王国を建国します。

倭寇

海の道では九州、瀬戸内海沿岸の土豪、商人を出身とする集団が活動していました。

一部の集団は貿易がうまくいかなくなると、海賊的な行動をとり、倭寇として恐れられました。

勘合貿易

明は倭寇の活動をおそれ、私貿易を禁止します。日本には倭寇の取り締まりを求めます。

足利義満は応永8(1401)年、九州探題に倭寇の取り締まりを命じ、明との国交を開きます。

日明貿易では公私の船を区別するため合い札の勘合が用いられましたので、勘合貿易と呼ばれます。

明は外国に朝貢貿易の形式をとることを強制しており、日明貿易も日本が貢物を明に献上し、明が日本に物を与える形式が取られます。

日本からは銅、硫黄、刀剣などが輸出され、明からは銅銭、生糸、絹織物などが輸入されました。

日明貿易により莫大な利益と銅銭が大量にもたらされました。庶民のレベルまで貨幣経済が浸透し、商工業が飛躍的に発展しました。

勘合貿易の実権は、はじめは幕府にありましたが、やがて大内氏や細川氏に移ります。

大内氏は博多商人、細川氏は堺商人と手を結びました。大永3(1523)年、両者が寧波の乱で衝突し、大内氏が貿易を独占するようになります。

明に続いて対馬の宗氏を仲介にして李氏朝鮮とも国交が開かれます。日朝貿易では綿布が輸入され、銅、硫黄、南開諸島の特産品が輸出されました。富山浦、乃而浦、塩浦の三浦で交易が行われました。

応永26(1419)年、応永の外寇と呼ばれる、朝鮮軍が倭寇の本拠地と見た対馬を襲う事件が起きます。

その後も貿易は続きますが、永正7(1510)年、三浦の乱により貿易は衰えます。

琉球王国の立場

琉球王国は、明の私貿易禁止、倭寇取り締まりなどにより、貿易活動に有利な地位を占めました。

東アジア諸国との中継ぎ貿易を行い、日本にはシャムやマラッカからの香料や薬品をもたらします。

みずからは中国、日本の文化を移植しました。

北山文化

14世紀末、足利義満が京都北山につくった別荘にちなんで北山文化と呼びます。

水墨画や建築、庭園様式、能など現在の伝統文化の基礎ができました。

北山文化は公家社会の伝統と大陸文化を基調にしたものでした。

別荘に建てられた金閣(鹿苑寺)の建築様式は、伝統的な寝殿造風に禅宗様が加わっています。

武家独自の文化は育っておらず、武家の公家文化への憧れと、武家の奢侈的性格が色濃く出ました。

北山文化の華麗さの源流には、「ばさら」の風俗がありました。

ばさらは悪党から守護大名にひろがったもので、代表的な守護大名に佐々木導誉がいます。

  • 「徒然草」…卜部兼好による随筆
  • 「増鏡」…源平の争乱以後の朝廷の歴史を公家の立場で書かれたもの
  • 「神皇正統記」…北畠親房による皇位継承の道理を南朝側から主張したもの
  • 「梅松論」…足利氏の立場から戦乱の動きを書いたもの
  • 「菟玖波集」…二条良基が編集し、連歌が和歌と対等な地位を与えられました。

神事芸能から出発した猿楽や田楽から、歌舞、演劇のかたちをとる能が発展しました。

室町時代には能楽師は座を作って寺社に保護されるようになります。

観阿弥、世阿弥父子は足利義満の保護を得て猿楽能を完成させます。

  • 「風姿花伝」(花伝書)…世阿弥による能の神髄を書いたもの

能は寺社の保護を離れ、武士の援助のもと発展し、狂言とともに支持を広げていきます。

こうした文化状況の背景には日本列島における経済的繁栄がありました。日明貿易でさかえた兵庫のように湊町は活気に満ちていました。

湊町が栄え、村が自立し始めたこの時代の動きは「庭訓往来」に記されています。

「庭訓往来」では各月の行事などが記され、宗教・社会・文化の定型が記されています。

この時代に室町幕府の年中行事や儀礼が整えられ、伊勢流や小笠原流などの武家の故実の型も整えられていきました。武家の制度も型として整備されたのです。

中世の文化は家の文化を起点とし、身体の文化、職能の文化を経て型として定着しました。

仏教

貴族に保護されたいた旧仏教の天台宗、真言宗が貴族の没落に伴い主流的地位を失います。

かわって新仏教が教団を形成し、武士、農民、商工業者に信仰を広めます。

足利尊氏が夢窓疎石に帰依していらい、臨済宗は将軍家の保護を得てさかえました。

足利義満は南宋にならって五山・十刹を整え、南禅寺を五山の上に置きました。

五山につぐ禅寺を十刹としました。

義堂周信、絶海中津らの五山の僧は政治・外交の顧問となり、日明貿易の発展とともに学問・文芸の中心となります。

宋でおこった朱子学が研究され、漢詩文を中心とする五山文学が生まれ、五山版とよばれる出版が行われます。

宋・元の水墨画を描き、禅の境地をあらわしました。明兆、如拙、周文らが代表です。

参考文献

テーマ別日本史

  1. 縄文時代と弥生時代
  2. 古墳時代から大和王権の成立まで
  3. 飛鳥時代(大化の改新から壬申の乱)
  4. 飛鳥時代(律令国家の形成と白鳳文化)
  5. 奈良時代(平城京遷都から遣唐使、天平文化)
  6. 平安時代(平安遷都、弘仁・貞観文化)
  7. 平安時代(藤原氏の台頭、承平・天慶の乱、摂関政治、国風文化)
  8. 平安時代(荘園と武士団、院政と平氏政権)
  9. 平安時代末期から鎌倉時代初期(幕府成立前夜)
  10. 鎌倉時代(北条氏の台頭から承久の乱、執権政治確立まで)
  11. 鎌倉時代(惣領制の成立)
  12. 鎌倉時代(鎌倉文化)
  13. 鎌倉時代(蒙古襲来)
  14. 鎌倉時代~南北朝時代(鎌倉幕府の滅亡)
  15. 室町時代(室町幕府と勘合貿易) 本ページ
  16. 室町時代(下剋上の社会)
  17. 室町時代(東山文化)
  18. 室町時代(戦国時代)
  19. 安土桃山時代
  20. 江戸時代(幕府開設時期)
  21. 江戸時代(幕府の安定時代)
  22. 江戸時代(幕藩体制の動揺)
  23. 江戸時代(化政文化)
  24. 江戸時代(幕末)
  25. 明治時代(明治維新)
タイトルとURLをコピーしました